2023年冬アニメ。とりあえず初回を観てみたの第5回目はBuddy Daddiesです。この企画は「今後見続けるかどうかは別にして、興味をひかれた冬アニメの初回感想」をお届けします。なお、第2クールや、続編にあたるものは、こちらでは取り扱いません。ご了承ください。

「Buddy Daddies」情報

1月6日よりTOKYO MX、BS11等を皮切りに放送開始したオリジナルTVアニメです。ストーリー原案はニトロプラスの下倉バイオ氏。アニメ「東京24区」や、ゲーム「凍京NECRO」の脚本を担当された方です。キャラ原案は「異世界食堂」の表紙・挿し絵担当のイラストレーター・エナミカツミ氏。監督は「Fate/Apocrypha」の浅井義之氏。アニメ制作は「A3!」「パリピ孔明」のP.A.WORKS。

また、主人公の2人を声優の豊永利行と内山昂輝が演じています。オープニング・エンディング曲は、それぞれネット系で人気のあるアーティスト、AyaseとDURDN(ダーダン)が担当。劇伴は音楽グループROUND TABLEの北川勝利氏が担当。おしゃれなジャズっぽい劇伴が流れます。

冬アニメ「Buddy Daddies」#01/PIECE OF CAKE

殺し屋を生業にしている来栖一騎(くるすかずき)と諏訪零(すわれい)。冒頭、偽宝石の売買にかかわった男から黒幕を聞き出すため拉致した二人は、男に銃を突きつけ尋問しています。しかしそこに一騎の携帯に着信が。それは幼稚園からの「ミリちゃんがお熱だしてま~す。お迎えに来て下さ~い」という連絡。男の前で、「朝、送っていったとき、元気だったって言ってたじゃねーか」「そういえば、鼻水垂らしてた…」「仕事と子供どっちが大切なんだよ!」とケンカを始める二人。結局、男を始末して幼稚園に急ぐ二人の姿に、一騎の回想が被ってきます。

事の発端は前年の12月。クリスマスに請けた依頼中に、父親を探しにやってきたミリが、依頼現場に乱入してきてしまいます。ミリに失った自分の子供を重ね合わせる一騎は、殺されそうになるミリを放っておくことができず、思わず「俺がパパだ!」と助けてしまいます。

結局、零がターゲットを射殺し、窓から逃走。一騎はミリを連れて逃げる客に紛れて逃走。仕事自体は成功しました。帰り道、あれだけの銃撃戦の渦中に居たにもかかわらず、爆睡するミリ。そのまま家に連れて帰りますが、ミリの持っていた手紙を見て「ウソだろ…」とゲンナリする二人。ミリの父親はターゲットでした。愛人だった母親はミリがお腹にいる頃にターゲットに捨てられ、ターゲットを恨んでおり、腹いせにターゲットにミリを押し付けたのでした。

最近では珍しい平面的な画面

3DやCGアニメが多くなってきた中で、昔ながらの作風のアニメと感じました。劇伴がジャズっぽい感じや、コミカルな銃撃戦など、最初に感じた印象は「カウボーイビバップ」や「ルパン三世」っぽいというものでした。

キャラクターとしては、性格が正反対の主人公二人のキャラが際立っており、また、仕事をあっせんしている喫茶店のマスターも良い味を出しています。そして第3の主役。主役二人に育てられることになるミリちゃんが、とにかく可愛らしいです。既に放送済みの2話では、ミリちゃん無双が見れました。ミリちゃんに振り回される一騎も見てて面白いです。

何やら暗い過去があるらしい一騎と、引きこもりの零。そして、天真爛漫なミリちゃんのこれからの生活がとても楽しみです。

冬アニメ初回視聴、私的評価☆☆☆☆

キャラクターが少々癖のある絵柄なので、好みは分かれるかもしれません。しかし、オリジナルアニメで話の先が読めない所。劇伴のおしゃれさ。筆者としては零が好みのキャラクターであること。以上から、私的評価は星4つです。一番のポイントは話が面白いという点でしょうか。続きがとても楽しみなアニメというのは、評価が上がります!

既に2話まで放送済みですが、各配信サイトでストリーミング配信も行われています。また、3話からでも話には付いていけるかと思いますので、興味を持った方はぜひご覧ください。

冬アニメ。とりあえず初回を観てみた4「もののがたり」/あにぶ関連コラム

TVアニメ「Buddy Daddies」公式サイト

最新情報をチェックしよう!