知っておきたいアニメ豆知識「共同ペンネーム編」

機動戦士ガンダム
『矢立肇』『東堂いづみ』『八手三郎』

アニメのクレジットを見ているとき、これらの名前を「原作・原案」の欄で目にしたことはないだろうか。
実はこの名前、三つとも実在の人物を指すものではないのだ。

会社が共用するペンネーム!?

上に挙げた三つの名前は、全て別々の会社が使っている「共同ペンネーム」だ。

例えば『矢立肇』は『機動戦士ガンダム』などで有名な会社『サンライズ』のアニメーション作品企画部が用いているペンネームだ。
その名の由来は、松尾芭蕉の『おくのほそ道』に使われた「矢立の初め」
これは一部例外を除き、サンライズ作品のほとんどの作品にクレジットされてある。

次に『東堂いづみ』は、『プリキュアシリーズ』でお馴染みの東映アニメーションが用いている共同ペンネームだ。
名前の由来は、「東映動画(東映アニメーションの旧社名) 大泉スタジオ」から、“東”“動”“泉”をとってもじったもの。

最後の『八手三郎』は東映映像本部テレビプロデューサーの共同ペンネームだ。
こちらは一部のアニメ(『超電磁ロボ コン・バトラーV』など)で使われていたほか、『スーパー戦隊シリーズ』や『メタルヒーローシリーズ』などの東映特撮作品などでも使われている。
実はこのペンネーム、当初は『仮面ライダー』などを手がけた「平山亨」というプロデューサーが使用していたペンネームだったのだが、後に東映テレビ部を指す名称となり、本人の退社後も引き続き使われることとなった。

使用の理由は「版権管理」

何故このように共同ペンネームを使うのか?
誰もがそう疑問に思うかもしれないが、実はこれ、各会社が作品の版権管理を容易に行うため、便宜的に使っているのだ。

こうした版権管理のための「擬人名称」はアニメ業界以外にも見られる。
広告代理店の電通がCMソング作詞の際に用いる『文月えがく』や、ゲームメーカーのコーエーが使用する『シブサワ・コウ』も共同ペンネームだ。

たまにこうした共同ペンネームを人と勘違いしている人がいるが、これらは全て個人を指すものではないので、今後これらの名前を出すときは気を付けよう。
もし勘違いしてる人がいたら、ひっそりと教えてあげるといい。
間違っても、皆の前で揚げ足を取るように指摘してはいけない。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。