『 カードファイト!! ヴァンガード 』カードゲームでイメージ力を鍛えよう!

ヴァンガード

イメージ力、ありますか?
気になるあの娘とイチャイチャしている様子をイメージしたり……
突如として占拠された学校を救う自分をイメージしたり……
イケメンのお兄さんに壁ドンされる自分をイメージしたり……
イメージの世界ならば何をしても大丈夫! さぁ、存分にイメージしてください!
……え? イメージ力が無い?
なら『 カードファイト!! ヴァンガード 』を観てイメージ力を鍛えましょう!

ヴァンガード

ヴァンガード?

ヴァンガードとは、株式会社ブシロードから発売されているトレーディングカードゲームです。
自分自身の分身である『ヴァンガード』を強化しながら、仲間(リアガード)を呼び出して相手の『ヴァンガード』にダメージを6点与える事を目的としています。数多あるカードゲームと比較すると、ルールはとってもシンプル。小学校低学年の子にカードを渡し、ルールを説明したらその場で遊べるぐらいには簡単です(実話)。ルールは簡単なんですがとても奥が深く、大きなお友達にも人気です。
カードファイト!! ヴァンガード』は、イジメられっ子だった主人公の「先導アイチ」が、カードを通して成長していく姿が描かれています。

カードゲームのアニメといえば……

カードを使用すると目の前にそのモンスターが実体化(実際は映像ですが)するという場面、観た事ありませんか? 『カードファイト!! ヴァンガード』でもその方式が使用されていますが、その機械が登場するのは中盤以降。では、それまではいったいどうしているのか?
その答えが『イメージ』です!
ヴァンガードでは『クレイ』という地球に似た惑星に降り立った霊体という設定でゲームをしています。『クレイ』ではただの霊体……だがその惑星に住む住人を呼び出す能力(コール)を持っています。そして呼び出したモンスターに憑依(ライド)し、戦います。
そこで戦っている自分をイメージするんです。

イメージしろ

この「イメージしろ」という台詞、これは登場人物である「櫂トシキ」がよく多様する台詞です。
第1話では櫂君が初心者であるアイチにわざわざルールの説明をしてくれます。その際にも使用されており、ヴァンガードといえばこの台詞というぐらいインパクトがある台詞です。櫂君以外の他のキャラクターも「イメージ」という言葉をよく使います。もう、これでもか! というほどイメージを推してくる作品です。

……ですが、やりすぎは禁物。
『お前の勝手なイメージを押し付けるな!』と怒られてしまいますよ!
この台詞が気になる方は、第2話をご覧になってくださいね。

 

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

おはぎ

記事書いたりシナリオ書いたりしているただの雑魚ライター。暇さえあればゲームかアニメ観ているヲタク。日常系などの現代が舞台の作品が好みでロボットものはちょっと苦手。アイマスが大好物。