『ドラゴンボールZ』『ドラゴンボール超』に登場する、超金持ちキャラクターとは? 世界一の大富豪はあのキャラクターだ!!

今回は趣向を少し変えて、ドラゴンボールに登場する金持ちキャラクターについて触れてみようと思います。

ブルマ

彼女はドラゴンボールのヒロイン(?)的存在であり、一番最初に悟空と出会ったキャラクターです。初登場時は16歳でしたが、現在の年齢は――それはまあ、置いておいて。

ブルマはカプセルコーポレーションという会社の社長である、ブリーフ博士の娘です。

カプセルコーポレーションは、ドラゴンボールにおいて世界(地球)有数の大企業であり、ホイポイカプセルや空を飛ぶ車など、数々のSF的なアイテムを発明しています。その他にも冷蔵庫など日用品の開発も手かげていて、ドラゴンボールに登場する人々の生活を支えていると思われます。

少年時代の悟空がレッドリボン軍と戦っていた頃(エイジ750年)には、地球の半分ものシェアを占めていたようです。相当な金持ちですね。

ベジータが修行で使っている、重力をコントロールできるトレーニングルーム。あれを用意するだけでもそれなりのお金がかかりそうですが、ベジータが部屋を破壊しても、すぐに修復されます。修理費なんて気にならないレベル?

神龍を呼び出して空を真っ暗にしても、異変の場所がカプセルコーポレーションだとわかれば誰も気にしません。普段から相当派手なことをやっているようでもあります。

ドラゴンボールを代表する金持ちであるのは、間違いないはずです。

ギョーサン・マネー

ところが、世界一の大富豪は別に存在しているのです。それが、ギョーサン・マネー氏です。

誰だそれ、と思った方もいるかもしれません。まあ、仕方ないです。完全な脇役なので。

彼が登場したのは、劇場版『ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』。息子の誕生日に、金の力でミスター・サタンを呼び、テレビ局などマスコミも集め、銀河戦士VS地球人という熱い武道大会を開催させた人物です。

まあ、彼の用意した銀河戦士というのはミスター・サタンの弟子なのですが。

ギョーサン・マネー氏の開いた天下一大武道大会には、世界中の武闘家が集まり、あの世で観戦していた悟空も、「天下一武道会より凄い」と大会の規模を評しています。

しかも、賞金は1億ゼニーと世界温泉めぐり

息子を喜ばせるためだけの余興に、この太っ腹っぷり。確かに大富豪です。ちなみに、息子の名前はドル、妻の名前はオッカネー・マネーです。ネタ臭が凄い。

ミスター・サタン / ジャガー・バッタ

ときたら、この男――ミスター・サタンについて触れないわけにはいきません。

セルを倒した――と、世界の一般人に思われている格闘家です。

家は豪邸ですし、世界中でサタングッズが売れているようですし、ドラゴンボールにおいて最も金持ちらしい描写の多いキャラクターではないでしょうか。『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』では、助けてもらった代わりに18号に1億ゼニーを渡すことになっていました。本当に渡したのかは不明ですが。

尚、この映画にはジャガー・バッタというサタンの幼馴染が登場し、彼もまた大富豪です。

そんなミスター・サタンよりも金を持っているらしい、ギョーサン・マネー氏。

一体何をしている人物なのでしょう?

『 ドラゴンボールGT 』サイヤ人に滅ぼされたツフル人の復讐! ところで超4とブルーはどっちが上なの?