『未来日記』未来を知る事ができたら、どうしますか?

未来を知る事ができたら何かやりたい事ってありますか?
もちろんロト6買う! という方は、僕と握手!
……それはさておき、今回ご紹介する『 未来日記 』は、日記で未来を知る事ができる作品です。
ですが、その日記に『自身の死』が書かれていたら――

未来日記

生き残るのは一人だけ、命を賭けたサバイバルゲーム

この作品の題名でもある、未来の事が書かれる『未来日記』。この日記を、12人の人物が持つ事になります。
その12人で殺し合いを行い、最後に生き残った人物がになれるというサバイバルゲーム。これが『未来日記』という作品の大前提となっています。

日記の内容はその人次第

人によって日記に書く内容って違いますよね?
この作品の人物達も、日記に記す内容がまったく異なっています。
ペットの事を書いた日記。人の事を書いた日記。殺人の事を記した日記や、調査日記。詳しく書く人や、一日に3回ほどしか日記を書かない人などなど……
未来日記には「自分自身が未来に書くであろう日記」が表示されます。日記を書いた人物によって内容が違うので、当然、人によって予知できる事も違ってきます
この違いを突いて攻撃したり、守ったりする駆け引きがこの作品の魅力の一つです。

主人公とヒロインの日記

この作品の主人公である「天野雪輝」は、まるで絵に描いたようなコミュ症の少年です。
友達付き合いをしない雪輝は、暇さえあれば携帯電話に日記を書き込んでいました。分単位で書かれているその日記は、何が起こったかを無差別に、本当に細かく、なんでも書いていたのです。「○時○分:誰々がくしゃみをした」とか、そんな感じです。

なので雪輝の未来日記はとても詳細に未来の事が書かれるのですが……自分の事を書いていなかったという弱点があります。自身がどのように、何が原因で死ぬのか……それが書かれていないのです。

その弱点を補ってくれるのが、ヒロインの「我妻由乃」です。由乃は10分置きに雪輝の事を書いた日記を所有しています。二人の日記を合わせれば、雪輝の行動は未来日記で完璧に予知する事ができるのです

あれれ? おかしいぞー??

え? なんでヒロインである由乃は雪輝の事を10分置きに日記に書いていたのか、ですか?
えーっと、それは……

つまりはそういう事です! お察しください。

由乃ちゃん、めっちゃ可愛いんですが、見事なヤンデレなんです。その辺を踏まえてこの作品をご覧ください。これ、重要な情報ですからね!

ヤンデレという言葉を知らない? ならこの作品の「由乃ちゃん」や『School Days』の「言葉ちゃん」みたいな人の事だと思って頂ければ大丈夫です。

ABOUTこの記事をかいた人

おはぎ

記事書いたりシナリオ書いたりしているただの雑魚ライター。暇さえあればゲームかアニメ観ているヲタク。日常系などの現代が舞台の作品が好みでロボットものはちょっと苦手。アイマスが大好物。