「ガンプラってどれを選べばいいの?」という人のためのガンプラ講座その2

カッコカワイイ? “SDガンダム”

ガンプラ SDガンダム 武者號斗丸
実は“HG”“MG”以外にも、コンスタントに発売されている ガンプラ シリーズがある。それがこの“SDガンダム”だ。

こちらのシリーズは通常のガンプラとは違い、頭が大きく頭身が低い独特のデフォルメがなされているのが特徴。サイズの方もかなり小さめとなっている。
構造も単純になっているので作りやすく、「HGはちょっと難しそう……」という人でも安心して完成させられるだろう。値段もHGシリーズより安めとなっているので、こちらから入るという手もアリだ。

また、このカッコよくも可愛らしいスタイルのシリーズは、通常のアニメシリーズに登場する機体のほかに、『SD戦国伝』『BB戦士三国伝』など、SDオリジナルの機体も多数発売されている。
ガンダムシリーズに登場する機体をモチーフとしながらも、独特のアレンジが施されており、ノーマルのそれとはまたひと味違う魅力がある。
ちなみにビルドファイターズトライ』で主人公・セカイが操縦していた武者號斗丸も、こちらのシリーズのガンプラだ。

作るときに用意すべきもの

●ニッパー
言うまでもなく必需品。

●爪楊枝・ピンセット
シールを貼る際に使う。特にHGシリーズの“目”のシールなどは、指で直接貼るのはけっこう難しい。ピンセットを使うのが一番だが、用意がなければ爪楊枝でも代用できる。

●新聞紙などのいらない紙
ガンプラ制作の際は細かいゴミがたくさん散らばることになる。こういった新聞紙を下に引いたほうが、掃除の手間が省けるのでオススメ。

●カッター
ガンプラ カッター デザインナイフ プラモデル
ゲートの処理などに使う。ただ組み立てるだけならニッパーだけでも可能だが、もう一段階完成度を高めたい人はプラモ用などの小さめのカッターやデザインナイフを使うといいだろう。
カッターを使った処理はプラモ制作の基本的なテクニックの一つなので、色々なところで解説もされている。使ってみたいという人は検索してみるべし!

●スミ入れマーカー
ガンプラ スミ入れマーカー
ガンプラのミゾなどに沿ってラインを入れるためのマーカー。こちらも必需品ではないのだが、簡単な処理で完成度をグッと高めることができる。上記のカッターと合わせて検討してみるのもいいだろう。

⇧最新のアニメ豆知識一覧をチェック

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。