NO IMAGE

『星を追う子ども』家族みんなで見られる新海アニメNo.1!

新海誠監督の作品といえばすっかりメジャー人気を誇る作品になりました。
しかし魅力がいまいちわからない…という人もおられるでしょう。

そういう人には『 星を追う子ども 』がお勧めです。
新海作品の中では比較的多くの層に受け入れられやすい作品です。

これまでの作風と一変!

ほしのこえ』に始まり、『雲の向こう、約束の場所』、『秒速5センチメートル』と続いた新海作品の特徴は、

・少年少女の心の距離をテーマにする
・登場人物のモノローグが多い
・背景美術が細かくて色鮮やか

という三点です。
これらの特徴から、新海作品はどこか静的で詩的な雰囲気が強く、まるで繊細なガラス細工のような印象を受けます。

前3作を経ての本作もそのような作品なのかと思いきや、本作はがらりと作風が変えられています。
背景美術の繊細さや美しさはそのままですが、テーマも変わり、ボーイミーツガール的要素も少なめです。新海演出の肝であった「モノローグ」も本作ではほとんど見られないのです。

力強さ、泥臭さが印象的!

この作品がテーマとしているのは「必死で生きること」です。
自分がやっていることが正しいのか間違っているのかはわからないけど、とにかく目の前の事に全力を尽くす。
ファンタジックなジュブナイルものを舞台に、それまでの作品には見られなかった泥臭い姿勢が描かれています。まだ見ぬ未来を少しでもよいものにするため、全力疾走で駆け抜けていく登場人物たちがとても印象的です。

これまでの新海作品とは明らかに一線を画すアクティブで力強い物語に、これが新海作品であることをいつの間にか忘れてしまうことでしょう。
物語にファンタジー要素が強いこと、背景美術が美しいこと、少年少女のちょっとした冒険要素があることなどから、スタジオジブリのアニメに近いテイストがあります。

それまでの新海作品よりもテーマや話の展開がわかりやすく、メリハリも強いですから、小さい子も含めて家族全員で見られるようなおもしろさのあるアニメになっています。

お勧め作品

本作のようなアニメが好きなら、まさにスタジオジブリのアニメがオススメです。
スタジオジブリが好きだから本作を見るという流れもアリですよ。

ちなみに、これが初めての新海作品だという人は、試しに別の新海作品を見てみるのもおもしろいと思います。いかにこのアニメが過去の新海作品と異なる作品なのかがよくわかります。

© Makoto Shinkai / CMMMY

この記事のライティング担当:あにぶ編集部

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!