『 侵略!イカ娘 』夏といえば海!夏の海を舞台にしたドタバタコメディアニメ

侵略イカ娘

梅雨明けが発表されて、本格的な夏が到来し始めました。夏は山・川派?あえての引きこもりのインドア派?
いやいややっぱり夏といば海!
海で思いっきり遊んだあとに海の家で食べる、ラーメンやカレーがなぜかおいしく感じてしまいますよね。

そんな夏の暑さから逃避するために涼を求めて、海へ来ている人類の平穏と安寧を脅かす存在をご存知ですか…?

真夏の海を舞台にしたちょっとドジで子どもっぽくて可愛い謎の生き物(?)イカ娘が、日々人類を侵略するために奮闘をする姿をほほえましく見守るドタバタギャグアニメ『 侵略!イカ娘 』をご紹介します。

海洋汚染を続ける人類を侵略するため深海から、なぜか鎌倉の海へ舞い降りたイカ娘。
侵略にきたのに海の家でアルバイトをさせられたり、近所の子どもたちと砂遊びをしたり、野球をしたりといつも本来の目的からそれてしまう…果たしてイカ娘が人類侵略を達成する日はやってくのだろうか…

イカ娘って一体何者でゲソ!?

海の底からやってきた少女、イカ娘。彼女は一体何者なのだろうか…それは作中最大の謎なのである。
見た目は小学校高学年くらいの少女で、語尾に「~~ゲソ」や「~~イカ」をつけて喋るのがたまらなくかわいい。
髪の毛のように見えるが実は触手で、それを伸ばしたり獲物を捕まえたり包丁のように使ったりと自由自在に操れるのだ、
さらには体重を重くしたり軽くしたり、全身が発光する荒業までもっているのだ。
ついにはイカ娘を捕獲して研究しようとする輩まで登場するのだが、真相は謎のままなのである。

こんな説明をすると、なんだか人類侵略なんて軽くこなせそうですが、大事なところでいつもどこか抜けているイカ娘。
怖がられるどころか周りの人間からは可愛がられてしまうあたりがなんとも微笑ましい。
このアニメはそんなイカ娘の「残念っぷり」を愛でるアニメなんです!!

サブキャラたちも魅力的じゃなイカ

イカ娘の周りの人類たちは、みんな一癖も二癖もある人たちばかり。
イカ娘が最初の侵略のターゲットにしてあえなく失敗する、海の家「れもん」で働く突っ込み体質の相沢栄子と、いったん怒らせるとめちゃくちゃ怖い、とんでもない戦闘力でいつも暴走するイカ娘を手込めにしてしまう相沢千鶴の姉妹や。
イカ娘が好きで好きでたまらないが、いつもイカ娘に触手で一蹴されてしまうのだが、それすらも愛おしいというM気質のある長月早苗ちゃんなど。
イカ娘を取り巻くサブキャラクターたちもいいアクセントとなり、テンポのいいギャグコメディ感がでてこれがまた面白い。

この夏はみんなイカ娘の残念可愛さに心を侵略されてみなイカ? ということで『 侵略!イカ娘 』を紹介したでゲソ。