NO IMAGE

今回紹介するアニメは『 もやしもん 』です。
農業大学に通う主人公・沢木直保(さわき ただやす)を中心とした学園物語です。

直保には“菌やウイルスを肉眼で視認できる”という特殊能力があります。
彼の見える菌は、デフォルメされたキャラクターとして描かれています。
この菌キャラは、原作を離れて絵本やアプリなどの関連商品が出ているため、ご存知の方も多いと思います。
菌のくせに愛らしい絵柄で、発酵を意味する「かもすぞ」の台詞を多用します。

農大、おもしろい!

物語は、直保と幼馴染の結城 蛍(ゆうき けい)が東京の農大に入学するところから始まります。
この大学には祖父の友人・樹慶蔵(いつき けいぞう)教授が在籍しています。
直保は前述の特殊能力を見込まれて、樹教授の発酵蔵メンバーに加わります。

さて、この発酵蔵メンバーの先輩たちが個性派ぞろいなのですが、とりわけクセ者なのが美里薫(みさと かおる)と川浜拓馬(かわはま たくま)の二人。貧乏学生の彼らは密造酒をつくって一儲けしようと考えています。

農大、勉強になる!

美里の酒造方法というのが驚きなのです。
米を口に入れて噛んだ後、吐き出して溜めて、発酵させるというもの。
そこへ川浜は、さらに一工夫と、ゴ●ブリの卵を足します。

「おまえら、なんちゅうもんを飲ますつもりや!」

怒鳴りつけたいところですが、なんとこれ、どちらも実在する製造法だそうです。
本作品はこんなふうに、今まで知らなかった知識がたくさん身につきます。

・・・だからって絶対飲まないけどなっ!!

農大、残念美人おおすぎ!

発酵蔵メンバーはまた、美人ぞろいでもあります。
ただ、見てくれと裏腹に、ドSだったり酒豪だったり除菌マニアであるため、様々な騒動を巻き起こします。

なお、地方出身の直保が入学前に望んでいたのは「東京でのチャラいキャンパスライフ”」だったりします。
彼の夢が叶うよう、皆さんも応援してあげて下さい!
(どう見ても無理そうだけど・・・)

©石川雅之・講談社/「もやしもん」製作委員会

この記事のライティング担当:あにぶ編集部

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!