『おおきく振りかぶって』王道だけど一味違う野球アニメ

スポーツ観戦が好きで、スポーツ系のアニメを観てみたいと思っている人にお勧めのアニメがあります。
『 おおきく振りかぶって 』という、野球部の男子高校生たちの成長を描いたアニメです。
もともと野球が好きならば純粋に試合を楽しめるし、そうでない人も虜になってしまう魅力がこの作品「おおきく振りかぶって」にはあります。

おおきく振りかぶって

おおきく振りかぶって の略称は『おお振り』

主人公の三橋廉は、中学時代「経営者の孫だからエースをやらせてもらっている」と野球部の仲間に疎まれていました。
そんな過去の思い出と決別するために彼らと別の高校に進学した三橋ですが、軟式から硬式になったばかりの野球部は部員が全員一年生!
無名の野球部で三橋は再びエースナンバーを背負うことになるのですが、新しい仲間や指導者との出会いをきっかけに、まだ未熟な高校生たちが人間的に成長していく物語です。

自虐的な投手と、狡猾な捕手キャラが立つ おおきく振りかぶって というアニメ

中学時代の経験のせいか、三橋の性格は弱気でネガティブで自虐的。
抜群のコントロールを持っていますが、とにかく自分に自信がない主人公です。
捕手の阿部隆也は、過去の経験から投手に首を振られるのが大嫌い。
しかしその狡猾な性格のため、捕手として頼れる存在でもあります。
この二人がバッテリーを組み、お互いどう変わっていくのかが見所の一つです。

おおきく振りかぶって で描かれる繊細な心理描写

「おおきく振りかぶって」で足掻かれる心理描写は、非常に細かく描かれているのが特徴。
それは、漫画の原作者であるひぐちさんがスポーツ心理学を学んだ経験が生かされているからでしょう。
食事の前に料理を見て「うまそう!」と強く意識することが、試合中の高い集中力につながっていく。
野球をしない人でも、何気ない日常のシーンに生かせる発見がいくつもあります。
試合の行方が気になるだけでなく、現実的なストーリーや丁寧な心理描写こそが、多くの人がおお振りを支持する理由なのです。