『サムライチャンプルー』時代劇系ノリノリアクションアニメ

サムライチャンプルー

サムライチャンプルー を観る前に、時代考証とかがしっかりしていないと時代劇は見たくありませんわ!という紳士淑女の皆様は、大変申し訳ございませんが「ガタガタ言うな。黙って見やがれ」です!

ヒップホップ時代劇

時は江戸時代の中期くらい、無頼者のムゲン、眼鏡をかけた真面目な浪人者のジン、茶屋でアルバイトをしいていた町娘のフウの3人が「向日葵の匂いのするお侍」を探して日本中を旅するというのが、このサムライチャンプルーの大きな流れです。

なんといっても面白いのが、江戸時代の中期くらいなのに喋り方が現代風。

「たりぃ」「マジ?」という若者言葉を劇中の若者が普通に使っていますし、金髪にピアスをしている不良までいます。

そして、江戸時代の中期くらいなのに「アルバイト」「デパート」等のような現代のカタカナ言葉も凄くナチュラルに使用されます。
しかも音楽が前編にわたりヒップホップやヒューマンビートボクサー(人間の口だけでDJプレイをする技術)等が使われていたりします。
また時代考証がめちゃくちゃなのをいいことに、アメリカ人と野球をする回は抱腹絶倒です!
時代考証がどうとかいっていたら、まったく楽しむことの出来ないアニメでしょう!

アクション活劇!

時代劇と言えば剣劇のアクションシーンです。
これを疎かにしていては、アニメで時代劇をやる意味がありません。
ジンは千勝無敗を誇る流派無住心剣流の使い手で無駄なく美しく敵を切っていく一方で、ムゲンブレイクダンスのような体術から本能や直感が赴くままに、敵を斬って斬って斬りまくる、正反対の戦い方は観ていて飽きません。

まさにチャンプルー

サムライチャンプルーの監督は「カウボーイビバップ」で監督を務めた渡辺信一郎。
現代の価値観と江戸時代の価値観がごちゃ混ぜになったチャンプルー状態は、つまらないはずはありません!

©2004-2005/manglobe INC./下井草チャンプルーズ

この記事のライティング担当:もく

最新情報をチェックしよう!
>YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG