『たまこラブストーリー』近くて遠い、二人の決断を見守ろう!

たまこラブストーリー
たまこラブストーリー

突然ですが、学生時代の事を思い出してみてください。現在学生の方は学生生活を思い浮かべてみてくださいね。
…どうでしょう? 楽しかったでしょうか?
私個人としては、ゲームか麻雀やってた記憶しかありませんが…
それでも友人達と過ごした学生生活はとても楽しいものだったと記憶しています。
ですが、「何かが足りない」。そんな気もしています。
その足りないもの……それを気づかせてくれた作品が『 たまこラブストーリー 』です。

幼馴染は近くて遠い?

たまこラブストーリー』は、『たまこまーけっと』というアニメの続編にあたる作品です。テレビ放送ではなく、劇場版として上映されました。
前作のほのぼのとした雰囲気、個性豊かなキャラクター達はそのままに。それに今回は題名にもあるラブストーリーが展開されます。
誰と誰のラブストーリーかといいますと、それはもちろん、たまこともち蔵の二人です。
向かいの家同士で小さい頃から一緒。世間一般的に言えば幼馴染の二人。
近すぎて気持ちに気づかないたまこと、一途に思い続けるもち蔵の恋愛はいったいどうなるのか!?

いろんな決断

この作品ではキャラクター達のいろんな決断を見ることができます。
高校三年生になり、進路の事を考えなければならないからです。
たまこともち蔵はもちろん、同級生のみどりやかんな、史織の決断も見届けてあげてください。

最後に見所を

それは何と言ってもラブストーリー!
リンゴ、バトン、そして糸電話をキーアイテムとしたストーリー展開が最大の魅力!

……なんですが、個人的に一番の見所はもち蔵です。
気持ちをなかなか言えずに悩んだり。
口を押えてその場にへたり込んだり。
思わず河原で叫んでしまったり。
誰よりも乙女していたのはもち蔵だったと思います。

え? 学園生活に足りなかったものは何かって?
私の学園生活に足りなかったもの。それは……

カワイイ幼馴染だ!!

ABOUTこの記事をかいた人

おはぎ

記事書いたりシナリオ書いたりしているただの雑魚ライター。暇さえあればゲームかアニメ観ているヲタク。日常系などの現代が舞台の作品が好みでロボットものはちょっと苦手。アイマスが大好物。