『妖怪ウォッチ』実はこんなことが?人気の秘密!?

最近スーパーに行ってもおもちゃ屋さんに行っても、はたまた文房具屋さんに行ってもゲームセンターに行っても、とにかくどこに行っても目に飛び込んでくるもの、ありますよね。

年末近くになると某ポケット云々のカレンダーを長年にわたって発売していたファストフード店までも、ついにこのアニメに切り替わりました!

そう、今や子供を中心とした大ブームに沸きまくっている『 妖怪ウォッチ 』に!!

しかしなぜこんなにも人気が出たのか?その人気の理由をちょっと考察してみましょう。

妖怪ウォッチ初恋峠

丸くて可愛い!

妖怪ウォッチで目につくキャラクターは、なんと言ってもジバニャンとコマさん!なぜこんなに人気なのか?それは丸いから、です!

千葉大学大学院医学研究所子どものこころの発達研究センターの中里道子准教授によると、丸い形というものはおっぱいを想像する形なんだそうです。

なので特に子どもは、暖かさや柔らかさ、気持ち良さなど、いい思い出のたくさん詰まったおっぱいを無意識に連想させる丸い形が大好きと言われているそうですよ!

リズム遊びはヒットの秘訣!

子どもに人気が出るギャグや曲には、実は秘訣があるそうです。それは「リズム遊び」!

妖怪ウォッチの主題歌には、最初の「ゲラゲラポーのうた」以降、現在の「初恋峠でゲラゲラポー」「祭り囃子でゲラゲラポー」でも共通して「ゲラゲラポー」というフレーズが繰り返し使われています。

しかもこれは、そこそこ速いテンポなのがヒットの秘訣。子どもって、同じ曲でもテンポを上げるだけでもケラケラ笑いながら走り回ったりしますよね。あれと同じです。

子どもの心拍数は100前後と言われ、それより少し早い120から130台のテンポが一番受けがいいとされているようです。

妖怪ウォッチの場合、EDもラジオ体操、そして現在のはブートキャンプと、曲に乗せて体を動かすリズム遊びです。

丸くて可愛いものとリズム遊び、そして子どもの大好きな「収集要素」。この三つを盛り込んでいる上に、1つの話は10分未満で短く纏められているので、小さな子どもの集中力も持続しやすくなっています。

しかも大人受けする懐かしいネタを毎回複数盛り込んでくるわけですから、そりゃあ大ヒットにもなるわけです!

この考察、当たらずとも遠からずと思うのですがいかがでしょうか?