「シャア・アズナブル」『機動戦士ガンダム』ルックス変化史(後編)

洋服のセンスは人それぞれ

シャア-Zガンダム

あなたは、上司や先輩が明らかにおかしいルックスをしている時、「変な格好をしてますね(笑)」と言えるだろうか?

ひょっとしたら、Zガンダムのカミーユやカツは、クワトロ・バジーナ大尉こと シャア・アズナブル のルックスに対して、王様の耳はロバの耳状態だったかもしれない。

ノースリーブにサングラス

Zガンダムは、1stガンダムから7年後の世界を描いた作品である。

このアニメの特徴は、敵役として認識の強いシャアが、主人公カミーユ・ビダンの兄貴分として、ともに戦っていることだ。
この当時のシャアは、自分がジオンの赤い彗星であることを隠すべく、クワトロ・バジーナという偽名を名乗っている。
シャア・アズナブルという名前も実は偽名であり、彼の本名はキャスバル・レム・ダイクンという。また、シャアを名乗る前はエドワウ・マスという偽名も使っている。

クワトロとは、イタリア語で4のことをいう。つまり、クワトロ・バジーナとは4番目の名前という意味が込められた偽名なのである。

さて、Zガンダムでのシャアは、上の写真のように、サングラスに赤いノースリーブと寒そうである。

サングラスは1stガンダム時のマスク同様、自身の正体を隠すための物であり、赤いノースリーブは、シャアの属しているエゥーゴの軍服である。

ちなみに他の兵士たちはこのノースリーブの下に白いシャツを着ており、太い二の腕をむき出しにしているのはシャアだけだ。
心理学で肩を出すというのは、性欲の強さを示す行為である。つまり、Zの頃のシャアは……。

エウーゴの軍服のデザインははっきり言ってダサい。そのダサさを彼は肩を出してより、引き立たせている。
しかし、Zガンダム見たことがないあなたも、劇中のシャアの活躍を見れば、このダサさがイカして見えるようになるだろう。

デキる男は何をしても許される?

Zガンダムにおいてのシャアは戦いの指揮を取るだけでなく、政治面などでも多大な影響を残している。
第37話のダカールの演説などでは、後にネオ・ジオン総帥となる男の片鱗をちらつかせ、デキる男をアピールしている。
また、遡ること第33話では大尉という佐官ではない階級で、敵のリーダーと交渉をしたりと、軍において重宝されている。

どんなにダサいルックスをしていても、シャアだから何をしても許される。まさしくそんな感じであろうか。
まったく、世の中不公平だ。
デキる男に憧れる人は、Zガンダムを観て、シャアからデキる男の成功哲学を学んでみてはいかがであろうか(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。