土佐弁のヒロインが青春時代の輝く波間を突っ走る「 ポッピンQ 」本編先行特別映像解禁

土佐弁のヒロインが青春時代の輝く波間を突っ走る「 ポッピンQ 」

東映アニメーションが創立60年の節目に贈るオリジナル劇場アニメ『 ポッピンQ 』(NEXT WINTER公開)。

これは中学から高校へ、思春期の真っ只中で、それぞれに悩みを抱えた5人の女の子が出会い、ぶつかり合い、絆を育みながら成長していく、特別な時間の物語。

個性的な〝5人のヒロイン″を演じるのは、瀬戸麻沙美 井澤詩織 種﨑敦美 小澤亜李 黒沢ともよ。様々な思いが交錯する青春ストーリーに、ダンスと音楽の華やかさが加わり、さらにドラマティックな設定に、ヒロインたちの様々な魅力があふれ出す。スタッフは「プリキュア」シリーズのダンス映像を多数手がけてきた宮原直樹が監督を務め、テレビアニメ「世界征服~謀略のズヴィズダー~」の黒星紅白がキャラクター原案を担当。

これまで東映アニメーションが培ってきた技術力、表現力を結集させ、黒星紅白の魅力あるキャラクターたちが元気に動き出す意欲作。〝5人のヒロイン″によるまだ誰も見た事のない新ジャンルムービー、ガール・ミーツ・ガールの青春ストーリーです。

そしてこの度、本編完成に先駆け、特別映像が解禁となりました。これまでAnimeJapan2016など特定のイベントでしか上映されてこなかった貴重な映像で、5人のヒロインの悩める青春のひとコマを切り取ったシーンの数々から、一人一人のキャラクターの違いがより鮮明に浮かびあがってきます。中でも、陸上部に所属する中学3年生・小湊伊純が放つ、土佐弁のモノローグで彩られる、瑞々しい15才の想いが印象的。「逃げたいけんど居場所がない」「自分を変えたいけんど、なんちゃあできん」ヒロインたちが抱く悩みは、誰もが青春時代に感じていたはず。「もっとはよう、もっと先へ・・・」悩みながらも走り続けるヒロインたちの行く先には、一体何が待っているのか・・・。

さらにクオリティ感たっぷりの背景もお楽しみいただける特別映像をご覧頂き、そのワクワクをさらに高めてください!

 

役名:小湊 伊純
CV:瀬戸 麻沙美(せと あさみ)
陸上部に所属する中学3年生。 明るい性格で人付き合いも得意。 負けず嫌いな性格から心配りに欠ける部分も。

役名:日岡 蒼
CV:井澤 詩織(いざわ しおり)
学業優秀な中学3年生。 感情に流されず冷静な行動をとる。 周囲に同調することを嫌い孤立気味。

役名:友立 小夏
CV:種﨑 敦美(たねざき あつみ)
ピアノが得意な中学3年生。 穏やかでマイペース。 常に笑顔のムードメーカー。

役名:大道 あさひ
CV:小澤 亜李(おざわ あり)
武道を学ぶ中学3年生。 性格は真面目で曲がったことが許せない。 女の子らしいかわいい物にあこがれている。

役名:都久井 沙紀
CV:黒沢 ともよ(くろさわ ともよ)
ダンスが得意な中学3年生。 人とのコミュニケーションが苦手。 一つのことに打ち込む集中力・粘り強さを持つ。

「 ポッピンQ 」のストーリー

別々の方向を見ていた、その時までは―。
その日は、私たちに必ず訪れる中学校卒業式。
だけど、みんながみんな、晴れ晴れした気持ちで卒業できるわけじゃない。
悩み、コンプレックス、未来への不安、そして別れ
逃げたいけど逃げちゃいけない気がする
でも今苦しくて仕方がない
自分を変えたいのに変えられない
乗り越えたいのに乗り越えられないものばかり
このままじゃ、何を卒業するかわからない!
卒業って本当に必要?
卒業なんてできない!!
そんな思いを抱えて卒業式の朝を迎えてしまった、
学校も違う、見ず知らず同士の5人の女子中学生。

―彼女たちの運命の糸が突然に絡み合い、新たな時が動きはじめる。


【スタッフ】

企画・プロデュース:松井俊之  プロデューサー:金丸裕
原作:東堂いづみ
監督:宮原 直樹 (『ドラゴンボールZ』『プリキュアオールスターズDX 3Dシアター』)
キャラクター原案:黒星 紅白(『キノの旅』シリーズ、『世界征服~謀略のズヴィズダー~』)
脚本:荒井修子
キャラクターデザイン・総作画監督:浦上 貴之(『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』、『カラフル』)
美術設定:坂本信人  美術監督:大西穣
音楽:水谷広美(Team-MAX)、片山修志(Team-MAX)
オープニングソング:「ティーンエイジ・ブルース」(P.IDL)
配給:東映
アニメーション制作:東映アニメーション
製作: 「ポッピンQ」Partners

 

©東映アニメーション/「 ポッピンQ 」Partners 2016

引用元: 劇場アニメ「 ポッピンQ 」 | 公式サイト


※このページは、公開からおおよそ123 アクセスがありました。

ライティング:あにぶ編集部 さん

土佐弁のヒロインが青春時代の輝く波間を突っ走る「 ポッピンQ 」

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント