『 劇場版 ラブライブ! 』公開5か月で200万人突破の偉業達成!BD発売まであと1か月です!

ラブライブ!The School Idol Movie

劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』が11月14日現在、観客動員200万人を突破したというニュースが飛び込んできました。興行収入も28億円を超え今年を代表する大ヒット映画となりました。TVでの大規模な宣伝もなく、アニメ本編はTOKYO MXをはじめとした独立局ネットでの放送にもかかわらず、これだけの人に足を運んでもらえたというのは、内容や演出が評価されてのことだといえます。

 

劇場版のストーリーは?

細かい話はネタバレになるので書けませんが、スクールアイドルフェスティバル「ラブライブ! 」に見事優勝したμ’s。しかし、sの3年生卒業を控え、ユニット存続をどうするのか迷ったメンバーたちのもとにあるお知らせが届きます。

新天地でその曲を披露するμ’s、新しい出会い、そして映画内で複数登場するライブシーン。どれもハイクオリティで、観る人を飽きさせない構成になっています。リピーターが多いのも週ごとの特典だけのことではないと思います。

現在、ほとんどの映画館での上映は終了していますが、まだ一部映画館で上映されています。期間限定でイベント上映するところもあるようです。

劇場版挿入歌CDも売れました。

「Angelic Angel/Hello,星を数えて」(1年生)

Angelic Angel

「SUNNY DAY SONG/?←HEARTBEAT」(3年生)

SUNNY DAY SONG

「僕たちはひとつの光/Future style」(2年生)

僕たちはひとつの光

イベントチケットや接触イベントの参加券がないのにいずれも12万枚以上売れました。純粋に曲として評価されているということです。

 

12月14日にはBDが発売されます

まだ観ていない人、もう1度観たい人、何度でも観たい人、どんな人にもおすすめな劇場版本編BDが12月15日(火)に発売されます。

BDには、本編映像の他
「特装限定版」として
μ’s Next Live チケット最速先行抽選申込券(μ’s Next Liveの詳細は後日公式HP他にて発表)
◆原案・公野櫻子 書き下ろし小説
◆μ’s オリジナルソングCD『これから』(新曲!)
μ’s Fan Meeting Tour 2015~あなたの街でラブライブ!~映像
特製ブックレット
特製カード「Loveca+(ラブカプラス)」
※ジャケットイラストを使用/1種(3ポイント)
◆スマホアプリ「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」限定シリアルコード
などが封入されて9800円(税抜き)で発売されます。特に「μ’s Next Live」は大変な倍率になることが予想されます。

特典CD『これから』

もちろん、特典は別にいらない。本編だけ観たい人のための通常版も発売されます(6800円:税抜)。

ご注意いただきたいのは、媒体はBDのみということです。DVDは今のところ発売予定はありません

BD紹介PV

 

年末に向けて快進撃を続けるラブライブ!

11月16日より山手線にラブライブ!ラッピング車両が運行されています。

本日よりPrintempsラッピング山手線走行開始しました!LANキサラ https://t.co/sxcbntBHw0 #lovelive

また、11月20日(金)22:00~ NHK BSプレミアムにて「ラブライブ!μ’sスペシャルライブ」が放送されます。NHKがラブライブ!、そしてμ’sのためだけに作った番組です。 ここでは「社会現象」認定されています。 さらに、12月5日(土)19:00~ TOKYO MXで「ラブライブ!」特番が放送されます。ひょっとするとμ’s Next Liveの情報が出るかもしれません。

その他、恒例の「新語・流行語大賞」に「ラブライバー」がノミネートされていますが、その発表が12月1日にあります。 アニメ以外のメーカーとのコラボも相変わらず盛況ですね。

 

と、書いていたら何と2016年1月2日(土)よりNHK教育(Eテレ)での放送が決定したとの知らせが。

NHKホームぺージ

年末、そして来年に向けて『ラブライブ!』の快進撃は止まらないと思います。さらなるサプライズがあるかも!?もはや「深夜アニメ」の枠はとうに超えているのではないでしょうか!

 

公式サイト・引用元:ラブライブ!Official Web Site
© 2013 プロジェクトラブライブ!

ABOUTこの記事をかいた人

リンドウ

元丸の内のサラリーマンです。サラリーマン時代はオタク趣味を隠していましたが、脱サラを機に趣味を全開にしてライター業を行っています。アニメをはじめとしたポップカルチャーと文化、経済の関係に興味があり、在職中は(趣味を隠しながらも)、涼宮ハルヒをテーマに経済セミナーを企画したりもしていました。現在、フリーライターとして活動すべく奮闘中です。