ALL OUT!! 第4話「俺、なにしたらいい?」【感想レビュー】

(C)雨瀬シオリ・講談社/神高ラグビー部|TOKYO MX、MBS、BS11ほかにて好評放送中

すっかり秋めいてきましたね。我が家の主、白猫さんがすり寄ってくると暖かくて嬉しい毎日です。さて、待ってました試合回後半戦第四話「俺、なにしたらいい?」の感想です!

大原野△!!

開幕からラグビー経験者一年の大原野さんが飛ばしてくれます。
華麗なステップや、パス技術を見せつけた後の……

まさかのドロップゴール(ワンバウンドさせたボールをキックして、そのままゴールすること。得点は3点入る)を涼しい顔で決めてくれます!

さすが新入生で技巧と司令塔としての役割を求められるスタンドオフを任されるだけありますね。

そして得意気な表情で歩く大原野……。

お前が歩いてるのはランウェイか!!

ALLOUT!! 4

いや、いいんですよ。いいんですけどね!?
確かにかっこよかったし、決まってたけど!!
そんなだから石清水に続いて某腐沼在住あにぶライターさん達にマライヒ言われちゃうんですよ!!

同じく慶常で一年にしてスタンドオフな御幸様の闘志的な何かが盛り上がっています。

この子完全にあれですね、ヤンデレとかサイコパスとかそんな感じですね……。
涼しい顔立なのに……

そして、そんな大原野のプレイを見たさぼりヤンキーこと江文。

上手いプレイのできる大原野と経験の浅いチームの不和を一番に指摘します。(そんな江文に満足そうな視線を向ける松尾先輩)

前半戦が終了し、最高のウイング、つまり自分が出ればトライを決められると豪語する江文。その江文に対してまさかの……赤山キャップが怒りを表明しました。

中学時代の因縁のせいで、積極的なプレイが出来ないどころか、棒立ちで守備を放棄し、トライを奪われた石清水に対してすら、思い切ったプレイができるようになった後で肩を叩き「目は覚めたか?」の一言で叱るというよりむしろ労った、高校生とは思えない指導力を誇る、あの!!背赤山キャップが!!

江文の能力は認めた上で

「グラウンドで汗を流さない奴にパスを貰う資格はない」

と一刀両断。

赤山キャップは、サボリには厳しい御様子です。

しかし、ここでも江文の主張(己の能力とその必要性)は認めつつ、それだけでは起用できないのだと明確な拒否を示す。

日々の練習を真面目にこなしているチームメイトにも、サボってしまっている自覚のある江文にも文句を出させない采配。なんなんですかこの高校三年生は。大岡越前かなにかですか!?

憤慨してグラウンドを去ろうとする江文を松尾先輩が引き留めてくれる、この優しさよ!!
神高の上級生達は誰かが必ずフォローに回るというか、部のメンバーを気にかけてる感が伝わってきて、ええこや…ええこ達や…となります。

で慶常さんはヤンデレ系の宝庫かな?

穏やかそうな三年、久川キャプテンが「敬意をもって全力で潰す」って言いだしますし、御幸さんも平さんも真顔で殺気立ってますし。

後半戦、体格の良い選手がパワーで抜きに来た慶常、平にふっ飛ばされた二年、ウイング諏訪に変わって、赤山が指名したのは……
そう、初心者の祇園!!

ここでタイトル「俺、なにしたらいい?」

タックルしかできない、ルールも良く解っていない。
でも勝ちたい!!
ピンチの交代でさえ指名されなかった江文にためらいもなく「なにしたらいい?」
と聞く祇園に、江文がニヤリと笑ってアドバイスを授けるのも、その後、悔しそうに拳を震わせているのも、その傍に松尾先輩がいるのも、もう何もかもにぐっと来ます。

勝ちたい、と叫ぶ祇園をベンチメンバーが驚いたように見つめているのも、祇園の影響力の強さを知らしめます。

祇園のスパイクを三話冒頭でこっそり用意して渡してくれていた、ちっこい先輩こと三年の賀茂 雷太(かも らいた)先輩が得意気なのが可愛い。
しかしほんと神高三年は人間が出来てる人ばっかですね!?

ラグビーを始めて一週間、ラスト5分からの初試合参加。
試合になっても祇園らしさは変わらず、相手が大きかろうが、動いてようが意に介さずタックルに走ります。
そんな祇園に感化された先輩達の動きも良くなり、慶常の選手を驚かせます。

前半のしょげ具合が嘘のように、祇園に指示を出せるまでに覚醒した石清水に感動を覚えます。
過去の呪縛が解けて本当に良かったね!!

ALLOUT!! 4

そしてノーサイド(試合終了)

悔しがる祇園に赤山キャップが言葉をかけるんですが、本当、人としての器の大きさを感じさせます。

強豪相手の練習試合が終わり、夕日の中帰路につくEDへ…ってこの流れは卑怯でしょう!!
曲と言い、映像と言い、この感動と余韻をじぃんっと震わせる流れ……うう、卑怯だっ!!

そして、次回「足りないもの」の予告カット!

扇子を持つ手と渋いズボンに包まれた脚……そう!ついに!今期のイケジジ枠「籠 信吾(こもり しんご)コーチ」の出番です!!
最近流行りの三話切りなんかしてる場合じゃないですよ!
ALLOUT!!は籠コーチが入ってからが本番です!!
(あ、もう四話だった……)

ALL OUT!! 第4話「俺、なにしたらいい?」のまとめ

・【ノーサイド】
試合終了後は敵サイドも味方サイドも無い。戦い抜いた仲間となる。ラグビーにおいて重要な精神を示す言葉で、試合終了の合図。

ALL OUT!!( オールアウト ) 感想レビューのまとめ

(C)雨瀬シオリ・講談社/神高ラグビー部|TOKYO MX、MBS、BS11ほかにて好評放送中

引用元: TVアニメ「ALL OUT!!オールアウト」公式サイト


※このページは、公開からおおよそ162 アクセスがありました。

ライティング:笠井 さん

(C)雨瀬シオリ・講談社/神高ラグビー部|TOKYO MX、MBS、BS11ほかにて好評放送中

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント