知る人ぞ知る、実は昔から存在していたドラゴンボールの不死身キャラ

ガーリックJr

今、ドラゴンボールで不死身のキャラは?と訊ねたら、ザマスと返ってきますよね。『ドラゴンボール超』の“未来”トランクス編にて、超ドラゴンボールの力で不死の身体を手に入れたザマスのことです。

けれど、ドラゴンボールにおける不死身キャラはザマスだけではないのです。

不老不死は悪役達の願望

ドラゴンボールでは時として、フリーザ編のベジータやフリーザにみられるように、悪役の願望として不老不死について描かれています。けれども、当時のベジータ(悪役時代)やフリーザは最後まで不老不死の願いを叶えることが出来ませんでした。

そして原作終了から二十年以上の月日が経過し、ついにザマスが悪役達の願望である不死の身体を手に入れたのです。不老かどうかまではわかりませんが、ザマスは神です。何千年・何万年と生きるでしょうから、どっちにしろ不老不死のようなものです。

ですが、実はアニメオリジナルキャラでずっと昔に不老不死を叶えていた悪役が存在していたのです。

初出は劇場版

彼の名はガーリックJr.。ドラゴンボールシリーズの劇場版第4弾にして、『ドラゴンボールZ』劇場版第一作目に登場したボスキャラクターです。かつて神の座を争って敗れた魔族の息子で、放送当時神を務めていたナメック星人に報復するべく登場します。彼はZシリーズ最初の映画キャラであるにも関わらず、いきなりドラゴンボールを集めて願いを叶えてしまいます。不老不死の願いをです。

この映画は本編以外で悟空とピッコロが初めて共闘する作品なのですが、相手が不死身であるがゆえに倒し切ることが出来ませんでした。最後はガーリックJr.が使うある技を利用し、異空間に封じ込めました。

ガーリックJr テレビアニメ版にも出ていた

一度は敗退したガーリックJr.でしたが、TVアニメ版ではフリーザ編とセル編の繋きとして、異空間からの脱出を果たした彼の奮闘劇が描かれました。その名も“魔凶星編”。魔凶星という星の力を受け、大幅なパワーアップを果たしたガーリックJr.が悟空不在のZ戦士達を苦しめる!という内容でした。

地球人を魔族に変え、地球を魔族たちの王国に変えてしまおうと目論んだ彼でしたが、悟飯達の活躍により魔凶星は破壊され、再度封じられてしまいます。

 超では存在が抹消されている?

劇場版、TVアニメオリジナルストーリーと二回も登場したガーリックJr.でしたが、可哀想なことに知名度があまりありません。劇場版キャラで語られるのは大体、フリーザの兄であるクウラか伝説の超サイヤ人ブロリーです。確かにこの二人は劇場版複数作に登場した人気キャラですが、ガーリックJr.だって二度登場しているんです。なのにどうしてこうなってしまったのでしょう。

ちなみに人気キャラであるクウラですが、『ドラゴンボール超』ではフリーザが復活した際に一切触れられませんでした。劇場版では、実はブルマがタイムマシンを使う話もあるのですが、“未来”トランクス編のやり取りを見ている限りではその事実は抹消されている様子。どうやら『ドラゴンボール超』と劇場版『ドラゴンボールZ』シリーズは別の世界線のお話のようです。とはいえ、ガーリックJr.はTVアニメ版にも登場しているのですが……。

ザマスが初めての不死身キャラ扱いをされている以上、やはり彼の存在もなかったことになっているのでしょう。


そんな不遇すぎる扱いを受けているガーリックJr.ですが、ボスキャラとしては非常に魅力的な性格をしています。戦闘描写一つとっても、『ドラゴンボール超』にはないZシリーズ独特の速さと重さのあるバトルが楽しめます。

彼の存在を知らなかった方は、この機会にぜひともチェックしてみてください。

髪なんかいらねェ!”カラダ”と”ナカミ”で魅せるいいダンナになりそうな『 ドラゴンボール 』のキャラクター

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。


※このページは、公開からおおよそ11,039 アクセスがありました。

ライティング:星崎梓 さん

ガーリックJr

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

星崎梓

ライトノベル作家をしています。処女作は『ガンズバースト・オンライン』。 今一番推しているカプはごちうさのシャロリゼ、シャロブル。最近ワートリが熱い! 面白い記事を書けるようがんばりますので、よろしくお願いします。 ∠゚ワ^)☆かしこま