神社に住む少女と半妖の少年が四魂の玉集めに奮闘する「犬夜叉」と「かごめ」

2020.07.01(水)

2000年10月から2004年9月まで第1期、2009年10月から2010年3月まで第2期が放送されていたテレビアニメ「犬夜叉」より、西国を根城にしていた大妖怪‘犬の大将’の次男・犬夜叉、現代の日暮神社に住む中学3年生の少女・日暮かごめについて紹介していこうと思います。

ある日かごめは、神社にある井戸に落ちた事がきっかけで戦国時代にタイムスリップしてしまい、50年前に巫女・桔梗に封印された半妖の少年・犬夜叉と出会います。

彼女は、桔梗の生まれ変わりで、あらゆる野望が叶うという妖力を持つ「四魂の玉」を体内に隠し持っていたのですが悪い妖怪との戦いで砕け散ってしまいます。

その出来事がきっかけで犬夜叉とかごめは、四魂の玉のかけらを集める旅に出ることに。2人は旅を通して絆を深めていくストーリーです。

この「犬夜叉」、私の幼少期におけるバイブル的存在のアニメの一つです。今回はそのなかでも、「犬夜叉」と「日暮かごめ」の二人にスポットを当てて、このアニメの紹介をさせて頂きたいと思います。

妖怪と人間の血を持つ好奇心旺盛な青年・犬夜叉

画像引用元:(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2000

西国を根城にしていた大妖怪・犬の大将の次男かつ貴族出身で人間の母を持つ半妖で人間換算年齢15歳、実年齢は約200歳。一人称は「オレ」。

骨喰いの井戸を通り抜けることができ、戦国時代と現代を自由に行き来できる。

好奇心旺盛で、かごめの数学の教科書に興味を持ったり、一人のときにかごめの自転車に乗る練習をしていたり、いつの間にか懐中電灯を使いこなしたりしている。常に荒らげた口調で話す荒くれ者だが、根は優しく良心的。

かごめのことは最初は邪険にしていたが、彼女の優しさや明るさに次第に惹かれていく。

基本的に思い立ったらすぐ行動に移すため、頭脳戦は少々苦手で相手の計略に何度も嵌っている。一方、非常に勘が鋭く、相手の弱点を見破ったことも多い。

半妖の証である犬耳と銀髪が特徴的で耳の感触は生の餃子の皮5枚分。時折、犬らしい仕草をするが、犬扱いされると怒る。鼻が非常に利き、地面や空気中に残ったわずかな臭いで、標的を探すことが大の得意。その反面、臭いの強いものは苦手という弱点も。

普段から身に纏っている赤い衣と袴は、火鼠の毛を織ったもので、火や毒を防ぐ強力な鎧となる。また、自身も頑健な肉体のため、普通の人間ならば首が吹っ飛ぶほどの圧力にも耐える。さらに、生命力も相当なもので腹に穴が空いても何とか戦え、傷は3日もあれば治る。

戦闘時は父が遺した妖刀鉄砕牙を主な武器とするほか、犬型の半妖ならではの武器である爪を用いた技を使う。妖怪化すると知性以外の能力が半妖時と比べ飛躍的に向上し、変化前に受けた重傷も瞬時に治癒する。

月に一度、新月の夜には妖力が失われ人間になる。爪と牙は人間のものになり、銀色の髪や金色の瞳も黒く染まり、鼻が利かず、鉄砕牙の変化も出来なくなり、火鼠の衣も妖力を失いただの衣になる。新月の日は、昼は妖気のない半妖で、日没とともに人間になり、日の出とともに妖力が甦り半妖へ戻る。

神社に住む可愛いもの好き女子中学生・日暮かごめ

画像引用元:(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2000

現代の日暮神社に住む中学3年生の桔梗の生まれ変わりで、体内に四魂の玉を持っていた少女。かわいいものが大好きで褒め殺しに弱く、おだてられると情が移ってしまうタイプ。15歳の誕生日に、神社内の祠にある骨喰いの井戸から百足上臈に引きずり込まれて戦国時代にやってきた。そして成り行きで犬夜叉の封印を解いた後、四魂の玉を飲み込んだ屍舞烏を退治しようとして誤って四魂の玉を粉砕、そのかけらを日本中に散らしたことから犬夜叉と共に旅を始める。

戦国時代では基本的に学校のセーラー服を着用しスカートが非常に短いが、パンチラはない。

自転車や、大量の荷物を詰め込んだ巨大なリュックサックを持ち込んでいて中身は勉強道具、救急箱、食料、レジャーシートなど。

度胸があるのか場慣れしたのか、凶悪な妖怪に接しても怖気づかない。ミミズなどの虫系統は苦手。仮病を使って何日も学校を休んでいたり、高校受験を控えているためか、戦国にいても勉強を怠らない。しかし努力も空しく以前は学内試験において30番以下の順位をとったことがなかったが、戦国時代を行き来するようになってからは成績がどんどん低下していく。普段は大人びた話し方の反面、年相応らしく恋愛に心を向ける時も。

高い霊力を持っているが戦闘経験のない現代人のため、戦闘力は低くサポート的な役割が多い。

四魂の玉の気配を感じる、弓矢で妖怪を打ち倒す、邪気を浄化する、敵が放った呪いのかけられた式神を呪い返しで敵に向けて跳ね返すなど、桔梗譲りの様々な神通力を使える。

人間なのに魂を感じ取れるのは、ご先祖様に妖怪の血が混ざっていたりするからかなのでしょうか?

人間との混血妖怪は人間と通じ合える?筆者の中では、妖怪フレンドアニメの金字塔は間違いなく「犬夜叉」!

犬夜叉のように好奇心旺盛で、人間の血が混じった半妖なら、是非との一緒に居たい!そう思い始めた頃、筆者のアニオタ生活への火蓋は切られていたのでしょうね。とにかく、この「犬夜叉」を、毎週テレビの前にかじりついて視聴してたのを思い出します。

かごめと犬夜叉がずっと仲良しで、四魂の玉を集める生活を続ける事ができればいいなと真剣に考えていた時期もありました。「無事に見つかる」のではなく、「永遠に四魂の玉を集める生活を続ける」という、子供ながらに妖怪チックなネバーエンディング的なストーリーを求めていた時期もありました。我ながら怖いですが、皆さんはこういった感覚に陥りませんでしたか?

妖怪の登場するアニメはいろいろとありましたが、自分の中では妖怪フレンドアニメと言えば「犬夜叉」一択!これは譲れません!

そんな私ですが、実を言うと「夏目友人帳」の方に浮気してたり・・・

 

文章:あそしえいつ T.A

『犬夜叉』意外とシリアス!?妖怪戦国バトルラブコメ

真宮桜 をイチオシ!アニメ「 境界のRINNE 」のヒロイン 真宮桜 が羨ましい理由