暗い過去に立ち向かう勇気をもらえるアニメ「 グリザイアの果実 」は不気味な寂しさで涙目確実アニメだ

グリザイアの果実

人間として生を受け、普通に保育園や幼稚園に通い、やがて小学校に通い、中学校・高校・大学へ進学という道あるいは就職する道を選ぶ事が、この国に住む子供たちのセオリーです。私自身もああむねこのレールに沿って生きてきたし、今このモニターでこのレビューを読んでいるあなたも、多少の差異はあれど皆同じようなレールの上を歩いている。それを窮屈に思うことは一度や二度ではない。退屈な人生を、普通である人生を、変えてみたいと思うことはないだろうか?

しかし、なんらかの理由で普通の人生を送れない状況に陥った場合はどうだろうか?皆と同じような普通の人と同じ平穏な人生を歩みたいと思うだろうか?

今回レビューするアニメ「 グリザイアの果実 」では、平穏でない特別な環境で育ったため、普通の青春に憧れて、そして普通に生きて普通の暮らしがしたいと願う青年の物語アニメ「 グリザイアの果実 」です。

殺し屋である以上は、他人の命を奪うことが生きることなのだ

主人公・風見雄二(かざみゆうじ)は幼い頃に家族を亡くして天涯孤独となります。しかし、特殊な組織に属する日下部麻子(くさかべあさこ)に育てられて、裏の世界で生きるようになります。麻子に銃器の使い方や天涯孤独の人間が一人で生き抜く術を完璧に叩き込まれ、家族を失い絶望していた風見雄二に生きる意味を見出させます。そして、その訓練で身に付けた技術を活用する為に、いや、生きる意味を持つ為に、麻子の後を継ぐように組織に入ります。

 

グリザイアの果実

 

そんな過酷な人生を生きてきた雄二ですが、組織の活動や日常生活が一段落したところで「普通の学校に通いたい」と願います。

こうしてやっとの思いで普通の私立美浜学園への入学が許可されます。しかし、この学園へ通う生徒は風見雄二と同じように、他人には聴かせることができないような、暗い過去を背負った生徒達を集める学校施設なのです。完全に外界から遮断された学園の中では、さらに奇妙な事があります。生徒は5名で、しかも風見雄二以外はすべて女子生徒である事です。

学園生活を送る中で、彼女達が持つそれぞれの暗い過去に次第に触れていくことになる風見雄二ですが、その中でも特に1人の女子生徒が抱える致命的な暗い過去の秘密に触れてしまう事になります・・・

 

画風はコミカルな「 グリザイアの果実 」。しかし、その中身は決して軽くはない

一人の男子生徒と、多人数(この場合は5名)の女子生徒、一件するとハーレムのウハウハ学園アニメのようですが、アニメ全般を通して一定のモヤモヤ感を消し去る事はできません。女子生徒がハイテンションで周囲に笑いへ誘い込みシーンでも、その裏にある過去や闇を一層深く感じさせてくれます。

だからといって、アニメ「 グリザイアの果実 」が暗いだけのアニメではありません。確かに暗い話が全般的に見て多いのは確かですが、キャラ設定やストーリーなども作りこまれた内容で、女子生徒1人1人のストーリーの中にグイッと惹きこまれて行きます。それはまるで、アニメ長編映画を見た後の様な感覚に陥ります。アニメ「 グリザイアの果実 」には続編も出ているので、順を追って観てもらうのがおススメです!

 

監督:天衝  出演:櫻井考宏・一色ヒカル・清水愛 ほか

筆者:くさなぎゆうき 加筆:あにぶ編集部

タイトル及び画像の著作権はすべて著作者に帰属します。

引用元: アニメ「グリザイアの楽園」公式サイト


※このページは、公開からおおよそ1,121 アクセスがありました。

ライティング:くさなぎゆうき さん

グリザイアの果実

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント