アイマス史上初のオリコンシングル1位!『ハイファイ☆デイズ』 今アイマスが大変なことになっています!!

ハイファイ☆デイズ

昨年放送を終了した『 アイドルマスターシンデレラガールズ 』ですが、その後も展開は止まりません。ついにアイマス10年の歴史で初めてオリコン1位を獲得しました。それも競合ひしめくシングルランキングです!

シングル1位はこれ!

オリコンシングル週間ランキング 7月4日付1位

売上8.9万枚

 

のシングルがこれです。

「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 03 ハイファイ☆デイズ」

 

歌唱:佐々木千枝(CV:今井麻夏)、櫻井桃華(CV:照井春佳)、市原仁奈(CV:久野美咲)、龍崎薫(CV:春瀬なつみ)、 赤城みりあ(CV:黒沢ともよ)

デーリーランキングも1位を維持しています。このままいけば「ゴールドディスク」認定かもしれません。

 

6月21日付デイリー 1位
6月22日付デイリー 1位
6月23日付デイリー 1位
6月24日付デイリー 1位
6月25日付デイリー 1位
6月26日付デイリー 1位

 

アニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』にこんなキャラいたっけ?と思う方もいるかもしれません。実は「シンデレラガールズ」は元となったモバゲーのゲームのキャラクターに新しいキャストの声がついています。

アニメ版の主要キャラクター「CINDERELLA PROJECT」はゲーム版から14人ピックアップしてアニメ用にストーリーを構成したもので、本来のゲーム版はその他のキャラクターたちも同様にプロデュースされる存在なのです。

何でこんなに売れたの?

アイマス、特にシンデレラガールズ関連のCDでこれまで一番売れていたのは、アニメ1期OP『Star!!』の6.5万枚でした(これが累計)。

 

それが今回初週で2万枚以上上回る結果となりました。なぜこんなに売れたのでしょう?

 

イベント先行申し込み権封入

まず考えられるのがイベチケ効果です。今年、9月と10月に計4公演「THE IDOL M@STER CINDERELLA GIRLS 4thLIVE TriCastle Story」が開催されます。その先行申し込み(抽選)シリアルナンバーが封入されています。

特にさいたまスーパーアリーナ公演の初日10月15日(土)は、これまでアイマスのライブにあまり出ていなかった声優さんも集結し、未知のライブになると言われていて、ファンの間では是非行きたいという声が強いのです。(「CINDERELLA PROJECT」が1人も登場しません)

優先権とあって1人で複数枚(多い人は10枚単位で)購入している画像がツイッターなどにアップされています。でもCDが売れている理由はそれだけではないようです。

 

デレステによるファン層の拡大

アイマスシリーズ(シンデレラガールズを含む)は元々アイドル育成のゲームですが、アニメの展開と合わせて誰でも気軽にできるリズムゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』(デレステ)がスマホアプリとして展開されています。

これが1200万DL以上と言われていて、これまでアイマスを知らなかった層にも浸透しています。TVCMも話題になりましたよね。アイマスは圧倒的に男性ファンが多かったのですが、デレステによって女性や子供たちにも知られるようになりました。

アイマスの曲のリズムに合わせてスマホをタップしていくのがデレステです。曲の発売と同じタイミングでデレステ上でもイベントが展開されています。デレステをプレイしていると、自然とCDも買いたくなるというわけですね。

 

アイドルアニメとライトファン層の拡大

シンデレラガールズ以外にもアイドルアニメが多く放送されヒットしているのは、皆さんご存じのとおりですよね。これまでアニメや声優に馴染みがなかった人たちが、このコンテンツに入りやすい環境になっています。

あるアニメが終わってしまっても、新規のアニメやその声優のファンになりやすく、これによってアイドルのようにCDが売れるというわけですね。

 

アイマス相乗効果

アイドルマスター(THE IDOLM@STER)シリーズはシンデレラガールズだけではありません。

 

以前の私の記事

もう1つの「アイドルマスター」シリーズの新展開!『アイドルマスター ミリオンライブ!』って?

で触れたように、アイマスは

 

・「アイドルマスター」(初代)
アーケードゲーム
765プロ
CD:日本コロムビア

 

・「アイドルマスターシンデレラガールズ」
携帯ゲーム(Mobage)
346プロ
CD:日本コロムビア

 

・「アイドルマスター ミリオンライブ!」
携帯ゲーム(GREE)
765プロ
CD:ランティス

 

の3本が並行しています。さらに、女性向けの『アイドルマスターSIDE M』(男性キャラクターをプロデュース)もあり、それぞれがファン層を増やしながら切磋琢磨しています。相乗効果でアイマスのファンは増えています。

 

今回のCDの売れ行きもそれとは無縁ではないでしょう。

 

というわけで、今後のシンデレラガールズ、そしてアイマスの展開に注目です。

 

まとめ

 

アイマス史上最高売上、オリコンデイリー1位を1日も譲らず週間1位に!

アニメ版の主要キャラクター以外も積極的にCD展開

売れた背景は豪華イベント、リズムゲームによるファン層の拡大、アイドルアニメの隆盛などがありそう

複数展開するアイマスシリーズによって相乗効果が出ている

 

 

©窪岡俊之 ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ©BNEI/PROJECT iM@S c BNEI/PROJECT CINDERELLA
copyright ©2015 NIPPON COLUMBIA CO.,LTD. All rights reserved. All rights reserved

 

公式サイト・引用元:アイドルマスター公式(ゲーム版公式)
公式サイト・引用元:日本コロムビアアイドルマスター公式(CD版公式)
(↑シンデレラガールズはこちら)

『アイドルマスターシンデレラガールズ』最終話放送!舞踏会は新たなステージへ!

©窪岡俊之 ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. ©BNEI/PROJECT iM@S c BNEI/PROJECT CINDERELLA copyright ©2015 NIPPON COLUMBIA CO.,LTD. All rights reserved. All rights reserved


※このページは、公開からおおよそ4,440 アクセスがありました。

ライティング:リンドウ さん

ハイファイ☆デイズ

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント

ABOUTこの記事をかいた人

リンドウ

元丸の内のサラリーマンです。サラリーマン時代はオタク趣味を隠していましたが、脱サラを機に趣味を全開にしてライター業を行っています。アニメをはじめとしたポップカルチャーと文化、経済の関係に興味があり、在職中は(趣味を隠しながらも)、涼宮ハルヒをテーマに経済セミナーを企画したりもしていました。現在、フリーライターとして活動すべく奮闘中です。