TVアニメ『 かぐや様は告らせたい? ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 』第6話【感想コラム】

2020.06.04(木)

ついに生徒会選挙当日を迎え、格の違い見せつける白銀陣営。当選確実でも石上は言う。

『皆さんにお願いがあります。今日の選挙、伊井野ミコに徹底的に勝ちたいんです!』

演説で喋れないミコに白銀は「もういいだろ…時間の無駄だ」と容赦なく言い放つ…
白銀達、本当にカッコいい…!人間観察力の高い石上…だから気持ちが分かる!

TVアニメ『 かぐや様は告らせたい? ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 』第6話あらすじ

伊井野ミコ陣営は"正しさ"を訴えかけ、白銀御行陣営は実績データで示す!

かぐやは人の心を掴み、石上はPV映像制作、反白銀はを抑える千花。すべて完璧に進める

対して、ミコの立候補演説は嘲笑と野次が飛ぶ始末。もう耐えられない…

伊井野ミコを笑わせない

「伊井野ミコはとても真っ直ぐな女の子です。心が繊細で純粋で誰よりも正しくあろうと」

王道で淀みない応援演説だが…半分以上が真面目に聞いていない。それに比べてかぐやは

全員の注目を一点に集め、活動実績と今後の活動方針を映像付きで説明していきます。

会場も盛り上がり、その差は歴然。次にミコが登壇し演説を始めるが声が小さく…

「聞こえねーよ!」「どうかしたの?」バカにしたような笑い声が飛び交う。

石上は「そりゃ笑いますよ」くそ真面目で偉そうに指図する…僕だって恨みも多いと話す。

「でも…でもイラつくんすよ。頑張ってる奴が笑われるのは…!」

TVアニメ『 かぐや様は告らせたい? ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 』第6話【感想コラム】
画像引用元:©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

伊井野ミコを笑わせたい

TVアニメ『 かぐや様は告らせたい? ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 』第6話【感想コラム】
画像引用元:©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

「伊井野ミコを笑わせない勝ち方をすればいいんだな」

白銀はミコの公約を否定し、直接討論をしかける。自分を笑う生徒達の視線ではなく…

「反論があるなら、俺の目を見て話すことだ!」

「私が…私が言いたいのは…」 「うん、言ってみ」

白銀の視線のみに集中したミコ、秀知院を想う気持ちをぶちまけていました。

「今こそ風紀のある秀知院というイメージ改革が求められているのです!」

選挙結果は白銀の当選。しかし、頑張ってた彼女をあざ笑う生徒はもういませんでした。

私なんてきっと必要ないんだわ!

もしかして会長…私は生徒会に入れるつもりはないんじゃ…

心労による体調不良で、怒ったり不安になったりメンタルよわよわなかぐや。

「会長は誰にでも優しくて誰にでも救いの手を差し伸べるのよ。私が特別なわけじゃなかった…」

そんなかぐやに白銀はこう話します…ミコの一件は身勝手をしたと謝った上で

「俺は一人じゃ何もできない。逆に四宮達がいてくれれば俺はなんだってできる気がするよ」

「四宮、副会長になってくれ。俺にはお前が必要だ!」

かぐやは白銀と顔を合わさず、OKサインで返すのでした。

前生徒会のメンバーカッコよかった。石上のこと見直したよ!

TVアニメ『 かぐや様は告らせたい? ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 』第6話【感想コラム】
画像引用元:©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

ミコがド緊張する中で、かぐや達の堂々な風格はさすがですね!
準備してきたことをすべて出し切るだけ、誰一人としては欠けてはならない…天才たちの見事なチームワークカッコよかったです。

白銀陣営スゲーと心奪われていたら…石上の憤りやそれに対する白銀の返しも最高でした。

石上はみんながミコに抱く”真面目ちゃんで口うるさい”というイメージだけでなく、どれだけ陰口言われようと精一杯頑張れる人。
しっかり本質を見抜いて、あのセリフかっこよすぎかよ…!石上いいやつですよね!

そして、白銀も当選確実という中で、わざわざ助け船を出す。しかも…ミコの考えを知ってもらうため、うまく質問してましたね。

とんでもない公約ながら、白銀と40票差。めっちゃ僅差!髪型の公約が無かったら当選してたかも…。
ミコが憧れの生徒会へ加わって、さらに賑やかになりそうで楽しみです!

かぐやも思いっきり、白銀から特別扱いされてました。
あれ…プロポーズだと言っても間違ってないのでは?ってくらい激押しでした。
アホかぐやは、ちょっとめんどくさいところがすごくカワイイ!

どんどん可愛さに磨きがかかっていく彼女に目が離せません!

最後に一言だけ…
「何わけわからんこと言ってるんだ藤原書記。石上会計も」この伝え方めっちゃカッコよくないですか?惚れてもいい…?

文章:あそしえいつYH

かぐや様は告らせたい? アニメ情報