『劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME』もっと輝きたい人に

以前に私から『花咲くいろは』のTVシリーズを紹介しましたので、劇場版も合わせて推薦します。
もしTVの『花咲くいろは』を観て好きになった方や、まだ作品を観たことない方でも必ず楽しんでもらえる一本です。
花咲くいろはHOMESWEETHOME

スポンサーリンク

『劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME 』紹介

TVアニメ『花咲くいろは』の新作劇場アニメーション。2013年3月9日より作品舞台となる石川県内の4劇場で先行公開された。キャッチコピーは「私、もっと輝きたいんです……!
物語の時間軸は、ぼんぼり祭りより少し前。秋も深まるある日、ライバル旅館“福屋”の一人娘・和倉結名が喜翆荘へ女将修行にやってきた。緒花は結名の面倒に追われる合間に物置の掃除をしていると、ある一冊の日誌を見つけた…

 

皆ぼんぼってる

本作は花いろのその後を描いた続編ではなく、TVシリーズの合間に起きたエピソードに位置付けられています。完結から約1年半後に公開された映画でありながら、TVシリーズが進行中だった頃の喜翠荘がそのままに再現されています。

これはTVシリーズを観てから間を置いてから味わえることだと思いますが、久々に落ち着けるホームに帰ってきた安心感があるんです。ですので、TVを完走した方はテンションを保ったまますぐ観てもそれは良いのですが、もし少し我慢できそうであれば、ある期間寝かせてから観ることをオススメします!

(でも、もしTVの直後に劇場版がすでにあったら、私はきっと居ても立ってもいられなかったでしょう…)

物語は、後に緒花の母となる皐月の視点が多く用いられます。高校時代の皐月は進路を決める時期が迫り、母・スイとの関係もピリピリ。夜のプールで憂さを晴らしていた皐月は、そこで後に緒花の父・カメラマンの綾人と出会います。

本編初登場となる綾人がふわっとした雰囲気を出していて、緒花の父親像に不思議とピッタリくるんですよね。

緒花の父親の死因は劇中では語られません。そこは重要ではなく、業務日誌を読んだ緒花が、昔の皐月も悩んで、迷って、恋していたことに気付く。また、高校生の皐月も綾人に恋をしたことで、昔のスイが亡き父に懸命に付いていったことに気付く。

その姿は、ぼんぼって輝いているということだと。

そこに親子三代の血筋が見えるんですよね。スイ、皐月、緒花、わずか66分の映画に三人の主人公がいて、それぞれの視点の物語があるのです。
自分から見たら恥ずかしい迷う姿だって、誰かから見れば輝いている。暖かい目を持てる映画です。