アニメ「 22/7 」第5話『ひっくり返せばええねんで!』【感想コラム】

アニメ「 22/7 」第5話『ひっくり返せばええねんで!』【感想コラム】

アニメ「 22/7 」第5話『ひっくり返せばええねんで!』 あらすじ  

新たな“壁”の指令は、アイドルの登竜門・ITF(アイドルトーキョーフェスティバル)に参加すること。 22/7にとって初めてのフェス。しかし他のアイドルグループと比べ、まだまだ結束が足りない。

危機感を抱いた都が提案したのは、全員強制参加のお好み焼きパーティー。 和気藹々とお好み焼きを作り始めるメンバーたち。

みんなを優しく見守る都。 そして、そんな都にも誰にも話していない〈アイドルになった理由〉があった……。

ナナニジに訪れる危機

アニメ「 22/7 」第5話『ひっくり返せばええねんで!』【感想コラム】
画像引用元:(C) ANIME 22/7

今回の“壁”の指令は、アイドルの登竜門と呼ばれるITFに参加すること。 これまでまるで“神掛かった力”が働いているかのようなとんとん拍子で来ていた「22/7」が初めて「他のアイドルとの共演」を経験する。 他のアイドルが円陣を組む中で、ナナニジはまだまだバラバラのままだった。

楽屋での仲良しエピソードをMCで振られてまさかの黙ってしまうニコル。 MCのトークができずに繋がりかけていたと思っていたメンバーの心、というか方向性はバラバラのまま。 個人個人の主張が激しいバラバラのチームに危機感を覚えるのは河野都だった。

明かされる過去

いつでも明るい性格の河野都だが、彼女は異父兄弟の一番年上というまさかの設定が発覚します。 大家族という設定は元からあったけど、まさかの母親はバツ4という設定…。

家庭環境複雑すぎだろ…。 都が提案したのは「お好み焼きパーティー」。そこはたこ焼きじゃないのか……。というツッコミはさておき。 仲が悪いわけではないメンバー。でもよくはないという都は絆を深めるためのきっかけづくりを提案する。

「お好み焼き」は、大変な母親のために覚えた都にとっての唯一の料理スキル。 母親の代りに兄弟たちの面倒を見ることを強いられてきた都は、自分がしっかりしなくてはという思いが日に日に強くなっていく。 そんな都に「G.I.P」からの手紙という運命を変える出来事が起こる

アイドルになった本当の理由

アニメ「 22/7 」第5話『ひっくり返せばええねんで!』【感想コラム】
画像引用元:(C) ANIME 22/7

都の夢は、「デザイナーになって一人立ちすること」。 そのために、東京に出て勉強をすることを考えていたが家のことを思うと経済的にも余裕がないと、デザイナーの夢もアイドルの夢も諦めかけていた。 自分がもし東京に行くならば、働く母親と自分の代りに兄弟たちの面倒を見る人間が必要だと悟った都は、蒸発した父親を捜し始める 捜せど捜せど見つからない父親に…思わず涙が滲む都は、自分が有名になることで父親が見つかるのではないかと考え始める。

都は「ちょっとの間だけ出稼ぎのつもりでアイドルをやってくる」と家族に説明します。都のアイドルをやる目的はあくまで、“家族のため”であり“有名になって父親への手掛かりをつかむ”こと 果たして、その目的が果たされたときに都の心はどうなるのでしょうか。

このままナナニジのために何年も長く続くことになったら…?

8人が集められた意味

都は、家族とナナニジメンバーへ同じ「格言」を言い渡します。 お好み焼きの材料はバラバラ、それは生まれも育ちも違う、個性も性格も自分たちに重ねて「ごちゃごちゃに混ぜてひっくり返せば、なんとかなる」と。タイトル回収。

都らしいめちゃくちゃな言い分に思えるけど、なんとなく説得力のあるメッセージ。

お好み焼きパーティーの効果なのか、2days目のトークではアドリブにも対応するメンバーたち。あれだけ話すのが苦手だったみうも大勢の前で笑顔を見せるようになる。 一見、バラバラに見える8人でもそれぞれがチームにとって必要な人材で、必要だから集められたように感じると思うようになるみう。

「22/7」が集められた本当に意味とは…。

ムードメーカーの秘密

アニメ「 22/7 」第5話『ひっくり返せばええねんで!』【感想コラム】
画像引用元:(C) ANIME 22/7

大阪出身、いつでも明るいムードメーカーみゃーこちゃんのお当番回。笑顔の裏にあるまさかの重たい設定。アイドルをやる本当の理由。なかなか面白い回だったと思います。 そして毎回恒例のキャラクターソングはまさかの音頭?演歌?のような楽曲になりました。そろそろ「空のエメラルド」が恋しいですね。 タイトルは「夢の船」。今回はこれまでの2曲に比べてわかりやすくみゃーこらしさ全開の楽曲ですね。

悲しいことも笑い飛ばそうという歌詞と、お祭りのような明るさのみゃーこを象徴するような楽曲でした。 今回、みゃーこが円陣の音頭を取っていましたが、実際のライブでも都の中の人である倉岡さんが積極的に声出しをしていたり、他のメンバーから一番場を明るくするのは倉岡さんだと言っていたり、そんなリンク感もある回でした。

バツ4ってお前は「爽やかか」ってツッコミ…マジで最初気付きませんでしたが、漢字がバツが4個あるんですよね…あとで気づきました。言葉じゃつたわらんよな…。

22/7 アニメ情報

(C) ANIME 22/7
ホームページ:22/7(ナナブンノニジュウニ)

この記事のライティング担当:Uemt

アニメ「 22/7 」第5話『ひっくり返せばええねんで!』【感想コラム】
最新情報をチェックしよう!
>YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG