TVアニメ『 ランウェイで笑って 』2着目 「プロの世界」【感想コラム】

TVアニメ『 ランウェイで笑って 』2着目 「プロの世界」【感想コラム】

TVアニメ『 ランウェイで笑って 』2着目は・・・プロの世界に足を踏み入れる育人。
“現実”を知る事になった育人は、何を想うか……。

TVアニメ『 ランウェイで笑って 』2着目 「プロの世界」あらすじ

ファッションデザイナーになる夢を、心に秘めてきた育人。

千雪の父で、ファッションブランド・ミルネージュ社長の研二から働き先を紹介され、新進気鋭のデザイナー・柳田一の職場を紹介される。

アトリエを訪ねた育人は、柳田の厳しい態度と過酷すぎるプロの現場に驚きを見せる。

しかし、物怖じしない、強い瞳で柳田に話しかけて――。

互いに背中を押して…

TVアニメ『 ランウェイで笑って 』2着目 「プロの世界」【感想コラム】

画像引用元:©猪ノ谷言葉・講談社/ランウェイで笑って製作委員会

高校生と言う理由で、ミルネージュとの契約の話がお流れになってしまった育人。

妹のいち花を迎えに行き、お遊戯会でシンデレラ役をやる事を聞き、衣装作りを頼まれた育人は、デザイナーにならなくても服は作れると、デザイナーになりたいという気持ちを抑え込みます。

しかし、翌日。

「もう一度行ってくる。もう一度パパに頼みに行く。都村君を雇って欲しいって」

千雪の口から出た言葉に、顔を青ざめながらも否定する育人。

「ここで動かなかったら、何も変わらないよ。本当はなりたいんでしょ。ファッションデザイナー」

千雪の言葉に、育人は――。

向かう先は――

TVアニメ『 ランウェイで笑って 』2着目 「プロの世界」【感想コラム】

画像引用元:©猪ノ谷言葉・講談社/ランウェイで笑って製作委員会

自分の作った服を着てミルネージュ社長に会いに行った育人は、社長から評価され、プロのデザイナーの居る場所を紹介される。

「なんで私が都村君の道案内をしなくちゃいけないの?」

千雪に道案内されながら、“柳田一”と呼ばれるデザイナーが居る場所へと向かう…。

道案内が終わり、帰ろうとする千雪にお礼を言う育人。

別れ際に千雪が口を開く――。

「まぁ…なんだ。私も頑張るから。頑張りなよ」

「ありがと」

照れながら感謝を告げる千雪でしたが、育人は鈍感。何もわかっていないのでした…。

成功の為に

画像引用元:©猪ノ谷言葉・講談社/ランウェイで笑って製作委員会

デザイナーなら、誰もが目指している日本最大のファッションの祭典“東京コレクション”に参加する柳田一ブランド。
頑張るという育人に対して、柳田一は“何もするな”と告げる。

しかし、東京コレクションが始まる前に、突然のアクシデントが襲い掛かる。

モデルが一人来られなくなり、代わりに来たモデルが千雪だった。

千雪の身長で合う服は無く、15分の間に服を千雪用に作り直す必要があったのだ。

そんな状況の中、服を唯一縫える森山が鼻血を出し倒れる。

「詰んだ…」

「俺はデザイン専門だ。服は縫えない」

絶望する柳田一。
今まで準備してきた、努力して来た事が無駄になった瞬間だった。

しかし、一人の男が立ちあがる。

「僕がやります。僕が藤戸さんの服…直してもいいですか?柳田さん!!」

鋭い目つきで、柳田一に発言する育人。

果たして、服を作り直す事は可能なのか――。

TVアニメ『 ランウェイで笑って 』2着目 「プロの世界」感想

画像引用元:©猪ノ谷言葉・講談社/ランウェイで笑って製作委員会

高校生では働く事が出来ない。年齢はどうしようもないですね…。
高い技術を持っていても、年齢だけは本当に……。

しかし、千雪に背中を押されて“デザイナーとして働きたい”と、しっかり社長に伝えられるようになった育人。
良いですね!千雪と育人のお互いに支え合って、お互いに高め合う関係。
最高の関係だと思います…!!

社長に紹介されて育人が向かった先は、柳田一のブランドでした。
原作では、柳田一も森山さんも、もっと性格が悪くて口調がキツかったですが、TVアニメではカットされていましたね!!
アニメ版の森山さんは、本当に優しくて良い人になっていて良かったです…!
ただ欲を言うなら、育人がもっと服を作っているシーンを描写して欲しかったですね。

来られなくなったモデルの代わりに来た千雪。

身長のせいで暴言を吐かれ続けていましたが、慣れていると言って耐え続ける姿勢が凄かったです…。
耐えに耐えて、どれだけ罵詈雑言を浴びせられても、夢に向かって立ち向かう姿。
そして、“チャンス”だと考える考え方が、千雪は本当にかっこいいです!!

皆の為に、そして自分の為に立ち上がった育人。

果たして、育人は残り15分で千雪の服を縫い直すことが出来るのか…!?

文章:Kyouei-サイコ高橋

ランウェイで笑って アニメ情報

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。