『からかい上手の高木さん』OP歌う大原ゆい子さん「高木さん○○」だった!?オフィシャルインタビュー公開!

現在好評放送中のTVアニメ『からかい上手の高木さん』より、OPテーマ「言わないけどね。」を歌う大原ゆい子さんのオフィシャルインタビューが到着しました!

現在、インターネットラジオステーション<音泉>にて放送の「からかい上手の高木さんPresents からかい上手の高橋さんラジオ」内でも語られた「大原ゆい子さん と 高木さん」の出会いとは……!?

『からかい上手の高木さん』OP主題歌歌う、大原ゆい子さんオフィシャルインタビュー

高木さん と 大原さん

原作を読んだ感想を教えてください。

大原――元々すごく好きでずっと読んでいたんです。私、WEBで漫画を読むことが多くて最初の出会いもWEBでした。オススメの漫画で紹介されていたので読んでみたら胸キュンな世界観が好きになってしまって。単行本の1巻を買ってから、もちろん『からかい上手の(元)高木さん』も含め、ずっとおもしろく読んでます。

当時の自分の体験を振り返りながら読んだりしますか?

大原――自分の中学生時代を振り返るというより、私は西片くんの気持ちになって読んでます(笑)。自分自身も中学生の時は好きな人をからかうタイプではなくて「からかわれたら嬉しい」と思ってたと思うので、西片くんの気持ちになってドキドキしてます(笑)。

スピンオフまで含めてたのしんでいる大原さんのもとに主題歌、しかも初オープニングのお話が来ました。その時はどんなお気持ちでした?

大原―― 「まさか!」って感じです! 連絡が来た時は駅を歩いていたんですけど、電話に出て話を聞いた時、周りに結構人がいたのに、思わず大きい声が出ちゃって(笑)。「私、大好きです!」みたいに言ったのはすごく覚えてます。

「言わないけどね。」誕生秘話を言っちゃう。

その時からどんな曲にしようとかどんな詞にしようというのは考えはじめたりしましたか?

大原――ざっくり「胸キュンソングがいいかな」というのはありましたし、もっと前から「『高木さん』のアニメをやるとして、誰かが歌う主題歌はこんなイメージ」というのは持っていたんですけど、『リトルウィッチアカデミア』や『宝石の国』を一緒にやらせていただいてからは、作る人たちと一緒に考えた方がいいんじゃないかということを思うようになりました。だから今回は実際にアニメスタッフさんたちと顔合わせ兼方向性の打ち合わせをして一緒に考えていただきました。

特に苦労した箇所はありますか?

大原――私はいつも先にメロを作るんですけど、今回はサビの部分が全然ハマらなくて苦労しました。

曲調もこれまでリリースしてきた楽曲たちとは違ってとてもかわいい感じになってますね。

大原――今までのタイアップからゆったりした曲を歌うイメージを持たれることも多いのですが、デビュー前からポップな歌を歌うのも作るのも好きだったので、自分の新しい一面をちゃんと出せたんじゃないかと思ってます。歌っててもすごく楽しい曲なのでレコーディングでもずっとニコニコしながら歌っていました。ただ、いつもそうですけど、一人で作ってるだけではなかなか形に出来ない分、編曲家の方に力をいただいていて「こんな曲になるんだ!」と発見させられてます。編曲家さんやミュージシャンの方とアレンジを進めていく中で、バンドの形になっていくのは楽しいですね。

なぜ柔らかくも心を動かす、繊細な曲に仕上がったのでしょう…?

できあがった曲を聞いて、どんな感触をお持ちですか?

大原――中学・高校生時代はこういう歌をよく聞いていたのを思い出しました。等身大の歌詞や曲ってその世代の方にすごく響くと思うんです。「席替え」って書いてあったら席替えの度にそのフレーズを思い出したり。そういう風に聞いてもらえるし、高木さんの世界と自分の世界がリンクするような曲になってるんじゃないかなって思っています。

MVもすごく不思議でかわいらしい空気感に仕上がっていますね。どんなコンセプトなのでしょうか。

大原――打ち合わせの時に学校や自然といったノスタルジックな絵にしたいねという話が出て、そのイメージにぴったりな『高木さん』の世界にすごく近い、レトロな小学校とその周りで撮影しました。MVの方向性は『リトルウィッチアカデミア』からアートディレクションをしてくださっている方に相談して「卵」を出すことになりました。そのうち日が暮れてくると卵が光り、割れて音符の芽が出て、飛んでいく、というちょっと不思議な作品です。ドローンを使った撮影があったり、緑がいっぱいのロケーションと言うこともあって、今までのMVとも違ってすごく楽しかったです。

CDジャケットでもタイプ別同士でリンクを持たせていると伺いました。

大原――そうなんです。「アーティスト盤」のジャケットで飛んでる紙飛行機は、もうひとつの「アニメ盤」で高木さんが飛ばしているもので、『高木さん』の世界観とリンクするようになってます。

曲からアートワークまで、『高木さん』を大事にしつつも遊び心が満ちていて幸せな気持ちになりますね。最後に改めて『からかい上手の高木さん』のタイアップと初オープニングが決まったことに対するお気持ちを聞かせてください。

大原――本当に好きな作品だったので、まさか自分が担当させて頂けるとは思っていませんでした。この曲を作るに当たっては、大好きという気持ちがとにかく大きくて、プレッシャーも感じないで何もかも本当にたのしく作れました。初めてオープニングを担当するということで、また新しい私を感じていただけたらと思いますし、『高木さん』の世界とリンクするMVやCDジャケットなども楽しんでいただけたらなと思います!

大原ゆい子さんの「高木さん」に対する想いがいっぱい詰まったこのCD、MVやCDジャケットなどのアートワークとともにお楽しみください!

※まだまだ語りつくせない大原ゆい子のインタビュー全文は、TVアニメ「からかい上手の高木さん」公式サイト(http://takagi3.me/)にて掲載されています。

TVアニメ『からかい上手の高木さん』OP主題歌「言わないけどね。」は、2月14日(水)より好評発売中!!

アニメ「からかい上手の高木さん」◆作品概要

放送情報

“あにめのめ”にて好評放送中!
TOKYO MX 毎週月曜23:00〜
読売テレビ  毎週月曜25:59〜
BS11    毎週火曜25:30〜
※放送時間は都合により変更になる場合がございます。

イントロダクション

「今日こそは必ず高木さんをからかって恥ずかしがらせてやる!」
とある中学校、隣の席になった女の子・高木さんに何かとからかわれる男の子・西片。
高木さんをからかい返そうと日々奮闘するが…?
そんな高木さんと西片の、全力“からかい”青春バトルがスタート!

スタッフ

原作■山本崇一朗『からかい上手の高木さん』『あしたは土曜日』(小学館「ゲッサン」刊)
監督■赤城博昭
シリーズ構成■横手美智子
キャラクターデザイン■髙野
サブキャラクターデザイン・総作画監督■茂木琢次/近藤奈都子
音楽■堤博明
アニメーション制作■シンエイ動画
オープニングテーマ■「言わないけどね。」(歌:大原ゆい子)
作詞・作曲■大原ゆい子 編曲:吉田穣

キャスト

高木さん:高橋李依
西片:梶 裕貴
ミナ:小原好美
ユカリ:M・A・O
サナエ:小倉唯
中井:内田雄馬
真野:小岩井ことり
高尾:岡本信彦
木村:落合福嗣
田辺先生:田所陽向

公式サイト■
http://takagi3.me

公式Twitter■
https://twitter.com/takagi3_anime

『からかい上手の高木さん』アナタの学校に「大原ゆい子」さんが行く!?思い出作りの新企画決定

2018.02.18
公式レポート一覧をチェック