本編が120%楽しめる!「 スタミュ 」キャラクターの歌声を聞き分けて2期に向けて入学準備しよう!

スタミュ

毎回ストーリーの中に、オープニングとエンディングを除いて最低1曲以上の楽曲が使われているアニメ「スタミュ」は2015年に放送されて瞬く間に話題になりました。

綾薙学園高等部を青春の舞台にしたこのミュージカルアニメは放送後、OVAと2期の制作が告知されています。2016年7月と9月に発売する2つのOVAでは、2017年より始まる2期の2年生編を前に1期の続きとなる主人公星谷悠太たちのアフターストーリーが13幕、14幕と題して描かれています。

スタミュ の本編で流れるミュージカルソングはキャラクターの心情をあらわしている

さて、スタミュといえば毎回ストーリーの中にミュージカル仕立てのオリジナル楽曲を盛り込んできますが、1期の1幕、5幕から12幕まではソロ曲だけではなくteam鳳やteam柊といったグループ曲やデュエット曲が楽しめます。

しかし、スタミュのファンであってもグループ曲だと誰がどのフレーズを歌っているのかわからないということもあるのではないでしょうか。

スタミュにおいて本編で流れるミュージカルソングは、キャラクターの気持ちを代弁してくれるとても大切な役割を持っているのです。

春に始まるスタミュ2期にしっかり入学できるように、今からでも遅くないスタミュキャラクターたちの歌声の聞き分け方を学んでおきましょう!

5人5色で元気いっぱい!team鳳は個性的な歌声が魅力的

スタミュ team鳳

画像引用元:youtube.com

スタミュのメインチームであり主人公星谷悠太が所属するteam鳳は、ミュージカルを始めたばかりの星谷、本番に弱くメンタル面に不安がある那雪透、幼少時より慣れ親しんだ歌舞伎界から綾薙学園にやってきた天花寺翔、ミュージカル界のプリンスの異名をとる兄と比較されることに悩む月皇海斗、苦学生でミュージカルとバイトを掛け持ちする空閑愁と実に個性的な面々が勢揃いです。

またteam鳳はそれぞれのレベルもバラバラという設定もありましたが、天花寺にど素人呼ばわりされた星谷はみんなに合わせようと自主練習などの成果もあり、1期の最終幕では、5人のダンスや歌がきれいに揃うステージをみせてくれます。それではteam鳳の各キャラクターの歌声の特徴をみていきましょう。まず主人公星谷ですが、天使の歌声をイメージさせるような高音と弾むような歌声がポイントです。

星谷の歌声を聞いていると聞いているこちらもわくわく楽しくなってくるのではないでしょうか。続いて那雪ですが、大人しめの普段の声をベースに芯のある歌声が魅力的です。

綾薙学園中等部出身ということもあり影の実力者という感じも出ています。

天花寺は、伸びやかで感情を高ぶらせるような時に熱い歌声がポイントです。さすが離縁の貴公子で、聴衆を釘付けにさせてくれます。月皇は淡々とした歌声ながらも、思わず聞き入ってしまうような透明感があります。優秀な兄に負けず劣らずの美声で、聞けば聞くほど味が出てきます。

そして空閑はピアノを独学で習ったというほど音楽的センスに恵まれていることもあり、艶っぽい声が聞き分けのポイントです。裏声を駆使した高音もきれいで普段は口数が少ない空閑の魅力がミュージカルシーンでは特にあらわれているのではないでしょうか。

ぶれのないハイレベルな歌声に圧倒される!優等生team柊の凄いところ

スタミュ team柊

画像引用元:youtube.com

綾薙学園高等部にはスター枠制度がありその中でもスター中のスターとして1期で描かれているのがteam柊です。

時にteam鳳のライバルチームとして、時に一番の理解者として切磋琢磨しともに綾薙祭を成功させ、ミュージカル学科へと進学することになります。team鳳と比べて出番が少ないと思われがちなteam柊ですが、5幕では「アヤナギ・ショウ・タイム」、12幕では冒頭のみでしたが「Caribbean Groove」という2つの楽曲でミュージカルを披露しています。

それでは魅力的な美しきライバルチーム、team柊の歌声の特徴とはどういうものなのでしょうか。まず、team柊が楽曲のサビなどでみせる5人の息がぴったりと合ったような歌声はまさに圧巻です。

というのもteam柊の個々の歌のレベルはとても高く、team鳳が5人5色カラフルな歌声なら、team柊は一糸乱れのない王者としての貫禄さえあります。

team柊のリーダー辰己琉唯は美しくも変幻自在な歌声、参謀役の申渡栄吾のオペラを思わせるビブラートの聞いた歌声、小悪魔的なビジュアルもミュージカルに対しては意識の高い卯川晶は安定して落ち着いた低音から地声に近い高音までマルチな歌声、ポンコツながらもミュージカルでは人が変わったようにデキる男・戌峰誠士郎は明るく朗らかで前向きな歌声、チャラ男だけれど面倒見がいい虎石和泉は高校生ながらプロ顔負けの繊細で感情のこもった歌声です。

この5人の歌声が混ざり合った時に起こる化学変化は聞き応え十分でしょう。まさにteam柊がスター中のスターである意味が理解できるのではないでしょうか。

誰がどこのフレーズを歌っているか聞き分けることで物語はもっと面白くなる!

「スタミュ」のなかでミュージカルシーンは、本編のドラマ部分と同じようにとても大切な役割を持っています。

ミュージカルシーンの中でも起承転結があり、キャラクターが不安を乗り終えて前に進もうとしていたり、青春をひたすらに楽しんでいるキラキラした姿を垣間見ることができます。

特に、グルーブ曲やデュエット曲では歌い分けのフレーズにより一人称が変わっていたりそれぞれ心情を歌い上げていたりと、ただ何となく聞いているだけではとても勿体ないです。誰がどこのフレーズを歌っているかをしっかり聞き分けることで、スタミュは120%楽しむことができるのではないでしょうか。

2017年春に始まる2期に向けて予習をしておきましょう。

 

 

Amazon.co.jpの商品ページへ

 
91wwf0enpml-_sl1500_
【Amazon.co.jp限定】スタミュ OVA 第1巻(初回限定版)(全巻購入特典:「描き下ろし全2巻収納BOX」&「ブロマイド」引換シリアルコード付) [Blu-ray] 
全巻購入特典:「描き下ろし全巻収納BOX[team鳳絵柄]」&「ブロマイド」引換シリアルコード付※特典は数に限りがございます。なくなり次第終了となります。※写真はサンプルです。予告なく変更となる場合がございます。

 

スタミュ お馴染みの「ミュージカルシーン」の気になるを全12話徹底検証!

タイトル スタミュ
監督 多田俊介
放送期間 2015年10月5日
主な声優 花江夏樹、小野賢章、ランズベリー・アーサー、細谷佳正、前野智昭
製作会社 C-Station

© ひなた凛/スタミュ製作委員会

引用元: 「スタミュ」公式サイト


※このページは、公開からおおよそ206 アクセスがありました。

ライティング:あにぶ編集部 さん

スタミュ

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント