冬本番、身も心も寒くなってるアナタへおすすめしたい『超熱血アニメ』特集

炎の転校生

各地で雪が降り始めて、もはや冬本番となってきました。
寒い冬は部屋にこもって、みかんにおこたでぬくぬく…ダメダメダメダメそんなんじゃ! もっと熱くなれよ!
ということで、こんな寒い冬にこそ 超熱血アニメ をおすすめしよう!

熱血作家、島本和彦先生が描く『炎の転校生』

炎の転校生
熱血と言えばやはりこの人の作品は外せないだろう。
『逆境ナイン』や『アオイホノオ』でおなじみの、島本和彦先生の伝説の作品『炎の転校生』を『エヴァンゲリオン』などの制作会社、ガイナックスがOVA化させたこのアニメ。
暑苦しいまでの主人公に60~70年代を思わせるようなあえて野太い線の作画。パロディーをふんだんに取り入れた熱血ギャグ作品だ。
OPのインパクトもとにかく絶大で暑苦しいくらい熱くなれること間違いなし。

ガイナックスの元祖熱血ロボットアニメ『トップをねらえ』

トップをねらえ
キルラキル』『グレンラガン』に色濃く受け継がれたガイナックスの熱血の系譜、その元祖的な立ち位置にある作品とも言えるのがこの『トップをねらえ!』だ。
人類が宇宙怪獣と呼ばれる生命体と戦っていた近未来、人類の存亡をかけてマシーン型最終決戦兵器『ガンバスター三号』のパイロットとなった、タカヤ・ノリコとアマノ・カズミは愛する人と惜別を乗り越え最終決戦へと挑んでいく。
OVA作品ということもあり全6話と少し物足りない感じもするが後半の怒濤のロボット戦闘シーンの激熱展開と、そのけた違いのスケール感は、まさにその後の作品『グレンラガン』に引き継がれているといえる。
腕を組み仁王立ちで立ちくす、通称『ガイナ立ち』をうみだした作品でもある。

©BANDAI VISUAL・JVC Entertainment
GAINAX

手に汗握る激熱試合描写『はじめの一歩』

はじめの一歩
はじめの一歩は、いわずとしれた大人気漫画が原作の作品で、TVアニメ三期とOVAまで制作されている。
気弱でいじめられっ子だった少年『幕之内一歩』がプロボクサー『鷹村守』との出会いをきっかけに『強いってなにか』その問いを求めてリングに立ち続けるボクシング巨編。
原作のスピード感溢れる試合展開を丁寧に描いた試合シーン、パンチ一発一発の重み、吹き飛ぶ汗、必殺技の応酬、何度倒れても立ち上がる一歩の姿に熱くならない男子なぞ果たしているだろうか。
特に激熱なのはやはり、浪速の虎『千堂武士』とのチャンピオンをかけた一戦だろう。原作ファンが選ぶベストバウトの二位にも選出されたこの試合、手に汗握る展開に燃えます!

©森川ジョージ 講談社/NTV・VAP

熱い漢たちの熱い生きざま『スクライド』

スクライド
スクライドは、21世紀初頭、神奈川の一部でロストグラウンドという大地が誕生しそこでは、アルター能力と呼ばれる特殊な力を持つ者達が住んでいた。アルター犯罪者を取り締まる特別組織・ホーリーの隊員である劉鳳は、そこでカズマと出会うところから物語は始まる。

個性溢れるバカな漢達の生き様やインパクトの強い名言の数々。
主人公カズマと劉鳳の生まれも価値観も何もかもが異なる二人の男のぶつかり合いを通してその生き様を描いた熱血バトルアクション。
最終話の壮絶なド突き合いは必見。

© SUNRISE

寒い冬は熱くなれるアニメを鑑賞して燃えてみるのはいかかだろうか!!

©島本和彦・ポニーキャニオン/GAINAX


※このページは、公開からおおよそ372 アクセスがありました。

ライティング:Uemt さん

炎の転校生

お気に入り記事をシェアして下さい

この記事に関するコメント