TVアニメ『 名犬ラッシー 』が教えてくれた愛犬の大切さ

TVアニメ『 名犬ラッシー 』が教えてくれた愛犬の大切さ

『 名犬ラッシー 』は1996年1月14日から同年8月18日まで、「世界名作劇場」として放送されていました。監督「片渕須直」さんは『BLACK LAGOON』などを担当されています。皆さんはペットを飼われていますか?著者は、マルチーズを飼っています。自由に生きる我が愛犬ですが、TVアニメ『名犬ラッシー』を見てしまうと、「ウチの愛犬もラッシーのようにご主人に愛情を持っていてくれるだろうか?」と思ってしまう自分がいます。

飼主であるジョン(9歳)と愛犬ラッシーの心がかよいあい、愛情たっぷりのアニメです。それほどまでに、愛情の深さとお互いが助け合う心温まるシーンが描かれていました。

『 名犬ラッシー 』のあらすじ

ある炭鉱の町に住む、9歳のジョンは父は炭鉱で働き、母は看護師の仕事での共働という家庭環境でいつも寂しい気持ちがありました。
そんなある日、ジョンは仔犬を拾い、首輪にはラッシーと記されていました。
ジョンは、ラッシーの世話を一生懸命しました。その甲斐あって、ラッシーは大きくなりさらにすごく賢くなっていきます。そこから2人物語は始まります。

もう寂しくない

ジョンはラッシーが来てからというものその世話を一生懸命する姿が、9歳とまだ幼いのに出来るのはすごいと感心しました。ラッシーの事が大好きじゃないとできませんよね、まるで弟ができたように喜んでいるジョンを微笑ましく思いました。

家に帰って玄関まで出迎えてくれるとすごくホッとしますし、寂しくないですよね。

私も犬を飼っているので共感出来ます。実際の世話は大変ですが(笑)

賢いね。ラッシー

TVアニメ『 名犬ラッシー 』が教えてくれた愛犬の大切さ

画像引用元:©NIPPON ANIMATION CO., LTD. “Lassie” c Classic Media, Inc. LASSIE is a registered trademark of Classic Media, Inc. All rights reserved.

賢いなぁと思う場面は沢山ありすぎて、全部紹介出来ない事がとても残念です。

その中でも、私が一番賢いなぁと感心したシーンを紹介されていただきたいと思います。

それは第7話「マフラー泥棒を捕まえろ」で学校の廊下に掛かっていたマフラーがなくなったと子供たちが騒いでいた時にラッシーがジョンを学校に迎えきた。

ラッシーがマフラーを身に着けていたこともあり、マフラー泥棒と間違えられてしまう。

しかし、ラッシーが自分ではマフラーを巻く事が出来ないこと、肝心のマフラーの色が違うことに気づいた子供たち。そして、ラッシーと子供たちはマフラー泥棒をつきとめる事が出来ます。

だだ、マフラーを盗んだのには深いワケがありました。それに気づいたラッシーはマフラーを取り上げようとする子供たちに「ウー、ウー」と威嚇します。

ラッシーのような賢いだけでなく、心優しい相棒が愛犬だとジョンは誇らしげでしょうね。

ラッシーの遠吠え

8話は「ラッシーなんか大嫌い」では、急にジョンはどこに行くのも一緒なラッシーの存在を遠ざけようとします。でも、ラッシーはそんなこと御構い無しでジョンの側から離れようとしない。

そして、事件が起きた。村外れの二つの深い穴にジョンとラッシーが別々に落ちてしまいます。ラッシーはジョンのそばに行こうとまた、助けようと必死になって穴を掘り始めます。結局、ラッシーの遠吠えが聞こえたことにより、2人とも無事助かります。

ジョンはそんなラッシーの活躍に今まで以上に大切さが身に染みた瞬間だったでしょう。

より絆が深まったと思います。この幸せ者が!(笑)

『 名犬ラッシー 』を通じて伝えたいこと

TVアニメ『 名犬ラッシー 』が教えてくれた愛犬の大切さ

画像引用元:©NIPPON ANIMATION CO., LTD. “Lassie” c Classic Media, Inc. LASSIE is a registered trademark of Classic Media, Inc. All rights reserved.

ジョンはラッシーと暮らしていく中で、様々な人々と出会い、今まで経験したこともないような出来事にも遭遇して、最初の寂しさから大きく変わりましたね。

また、ラッシーもジョンのように愛情を持って育ててくれる人に拾われて本当良かったと思います。パートナーと人との愛情、さらには深い絆を感じる事出来ました。

最近のニュースでも飼い主の責任について取り上げられています。

大きくなってしまい飼えなくなった、引越しで飼えない、老犬になって病気になり、お金がかかるからなど飼えなくなる理由は様々です。
私も飼い主として、マルチーズと暮らしているだけに心が痛みます。

『 名犬ラッシー 』を通じて、共に同じ時間を歩むパートナーとして寄り添うことの大事さを改めて確認しました。
皆さんにも、もう一度、命の尊さついて考えて欲しいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

文章:あそしえいつKM

僕らだってワンダフル・ライフ!愛犬アニメーション映画7選

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。