みんながよく検索するワード: >> おすすめ赤司征十朗夢女子男の娘腐女子ラブライブ声優ガルパンワールドトリガー ...

敗戦後に大ブームを引き起こした作家が原案のアニメ『 UN-GO 』

UN‐GO

このアニメをみて原案の小説家「坂口安吾」の作品と出会いました。普通の探偵ものではないこの雰囲気を知ってもらいたくて、推理小説が好きな人には一度見て頂きたい作品です。近未来ながらにして昭和の匂いがする独特な世界です。

『UN-GO(アンゴ)』は、フジテレビ系列「ノイタミナ枠」

2011年10月から12月まで放映されたテレビアニメで、ボンズが制作。昭和前期に活動した小説家「坂口安吾」の『明治開化 安吾捕物帖』『復員殺人事件』等を原案として、その設定を独自にアレンジしたオリジナルストーリーな作品で、登場人物も原典からの人物とそうでない人物が混在しています。

“終戦”を迎えたばかりの近未来の東京

探偵業が流行らなくなった代わりに、メディア王が膨大な情報量と優れた頭脳を生かして、幾多の難事件を解決していた。実は推理には裏があり、それをあぶり出すのが、「最後の名探偵」を自称する結城新十郎と、その相棒・因果。世間からは、「敗戦探偵」と言われていて、2人は力を合わせて様々な難事件の解決に挑んでいくのである….。

 

不思議な事件解決方法とミステリアスな敵との因縁

オカルトやらサイバーパンクを見事に融合させた圧倒的推理。真実を暴く潰滅的推理とも言えるでしょう。主人公は犯人の犯行手口よりも犯行動機を探っていき、犯人の秘めた心の内が明かされた時の内容は切ないものがあります。ミステリーアニメというよりも人間ドラマに近い。

 

劇場版のBD&DVDが発売されていますので、是非、劇場版アニメ『UN-GO episode;0因果論』をみてからアニメの第1話をみることをお勧めします。劇場版は過去編というか、事の発端が描かれている、また、TV版は少し説明不足で難解なので視聴するなら劇場版からがベストです。

「真実は一つしかないと思われるが、真実は無数にある」

あなたにはいくつの真実がみえますか?見えた数だけ人間が求める欲望の数なのではないか?と考えたら深い言葉だと感じました。

ライター:あにぶ編集部|さっちん さん

(c) 「UN-GO」製作委員会

公式サイト・引用元: [ UN-GO ] OFFICIAL SITE

スポンサードリンク広告

  おすすめアニメコラムに興味はありませんか?