『ROBOTICS;NOTES』陰謀は日常に潜んでいる科学アドベンチャーシリーズ

roboticsnotes

巨大ロボット。ロボットアニメを見て育った世代にとって、それは憧れの存在である。

実在するなら見てみたい、触ってみたい、乗ってみたい。そんな気持ちを押さえられず、憧れのロボットがないのなら作ってしまえ!なんて思いを実現に向かわせる高校生達。この『 ROBOTICS;NOTES 』の主人公はそんなキャラクター達だ。

のどかで静かな種子島を舞台にロボットが好きなキャラクター達が、巨大ロボットを作る。ただそれだけだったはずなのに、ストーリーは陰謀の色を深めていく。

スポンサーリンク

隠されていたメッセージ

 

ストーリーは、主人公の海翔(かいと)が携帯型拡張デバイス「ポケコン」と、アプリケーション「居る夫。」がなければ見えない少女、愛理(あいり)と出会い、不思議な文書データを発見したことから動き出す。

君島レポートと呼ばれるその文書は、近く世界が滅亡するという予言めいたものだった。

発見当初こそ「トンデモ話」として片付けかけていた海翔だったが、いくつかのフラグを回収していかないと見つからないというそのレポートに興味を惹かれ、日常生活の傍ら、愛理、そして愛理の補完プログラムである「ゲジ姉」とともに片手間にレポートの回収へと乗り出す。

日常では幼馴染みのあき穂に頼まれて、大人気を博したもののとある事件によって未完の巨大ロボットアニメ、ガンヴァレルを模した「ガンつく1(ワン)」の製作を眺めつつ手伝う。JAXAの協力を得つつ後輩の昴、フラウ、淳和(じゅんな)とともに万博での展示を目指す面々だが、その裏で、君島レポート、そしてアニメのガンヴァレルを中心とした陰謀がじりじりと動きを見せていた。

テレビアニメというごく日常的なアイテムと、子どもの遊びじみた、隠し文書の発見という宝探し。本来であれば関係性のない2つを巡り、種子島だけでなく日本全体を巻き込む騒動へと発展していく。

世界観の共有

 

「ゲジ姉」で気付いた方もいるかと思うが、この ROBOTICS;NOTES (ロボティクス・ノーツ)という作品、実は「科学アドベンチャーシリーズ」の三作目である。

一作目はCHAOS;HEAD(カオス・ヘッド)、二作目はSTEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)。時系列としてもこのロボティクス・ノーツは、シュタインズ・ゲートの9年後にあたる。

他にも300人委員会という名称が繰り返し出てきたり、シュタインズ・ゲートに出演していた小学生、天王寺 綯(てんのうじ なえ)がJAXAの新人としてかなり重要な役で登場したりと、シリーズを通して見てみると、物語に一層の深みを感じることができるはずだ。

RECOMMENDおすすめ記事のご紹介

ABOUTこの記事をかいた人

井之上

濃いめのオタク。実家がオタクだったせいで自然学習されてしまった年齢に見合わないオタ知識のせいで年齢詐称を疑われることもしばしば。家事育児と投稿小説製作の合間に少しだけライターとして書かせていただいています。