手持ちの銃器でガンダムを倒せるか!?「へヴィーオブジェクト」で見る矛と盾

手持ちの銃器でガンダムを倒せるか!?「へヴィーオブジェクト」で見るジャイアントキリング

今回、私がおすすめしたいアニメは「へヴィーオブジェクト」。大人気ライトノベル「とある魔術の禁書目録」の作者の鎌池和馬によるライトノベルが原作で、2015年~2016年で放送された。

21世紀前半に国際連合が崩壊し、世界中が4つの勢力に分かたれた近未来。核兵器ですら耐える超大型兵器「オブジェクト」が戦況を決める中、オブジェクトの設計を学ぶために最前線に派遣された戦地派遣留学生のクウェンサーが貴族出身でとある目的のために最前線までやってきたレーダー分析官のヘイヴィアや二人の所属する第37機動整備大隊の仲間と共に生身でオブジェクトを破壊して回る、といのが主なストーリーだ。

針の穴を通すような危機を乗り越える知恵を絞りだせ!

これまで様々なアニメやゲームを見てきたみんなに聞いてみたい。生身の人間がガンダムを倒すためにはどうすればいいか

答えは99%不可能である。巨大ロボにとって生身の人間など蚊や蟻程度でしかない。だがロボも物体である以上、構造が存在し、そこに弱点もある。そこを突ければどんな巨大兵器だろうと倒せる可能性はある。これはそういう作品なのである。

クウェンサーは自身の知識ととっさの閃きに基づいた作戦の立案を、ヘイヴィアは自身の経験に基づいた分析を担当して、クウェンサーたちが所属する部隊のオブジェクトの操縦士であるミリンダや上官のフローレイティア、整備主任の婆さんたちと協力し銃器と爆弾と現地調達のありとあらゆるものを使い、敵のオブジェクトを破壊していく。

しかし、敵のオブジェクトも国家プロジェクト級。それぞれの戦場に特化した最新鋭ばかり。雪原には雪上をアメンボのように走る機体を、海上には海上を半永久的に走行できる機体を、といった具合だ。

手持ちの銃器でガンダムを倒せるか!?「へヴィーオブジェクト」で見る矛と盾
画像引用元:© 2015 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/PROJECT HO

短所と長所は表裏一体!魅力的なキャラクターの数々

アニメに登場するキャラクターだってみんな、それぞれ生きている。それぞれの人生を生きてきた以上、性格も違うし信念や戦う理由も違う。

主に血統を重んじ、血筋で身分階級が存在する『正統王国』において平民出身のクウェンサーは平民の範囲内で豊かな生活を手に入れるためにオブジェクトの設計士を目指し、王立テクノアカデミーに入り、最短コースとして現地で学ぶために戦場へ来た。自らの知識と持ち前の閃きで敵の弱点を見つけ出したりベイビーマグナムが勝てる状況を作り出したりするなど主に作戦の立案をするが、リスクや障害を見落としがちだが、そこはヘイヴィアがカバーするので問題ない。

貴族出身のヘイヴィアはとある理由から実家の家督を継ぐために戦地に赴き、武勲を立てる目的でやってきている。記録上の身分が学生のクウェンサーと違い軍人なため、実際に銃器を携行できる。そのため、本業がレーダー分析官にも関わらず銃撃戦になれば歩兵として駆り出される羽目になっている。基本的には消極的でクウェンサーの立てた作戦に難癖をつけることが多いが、それは冷静に状況を分析しリスクマネージメントを重視しているためである。

そのほかにも世代遅れのオブジェクトを操りながらもクウェンサーやヘイヴィアの手助けを借りてそれぞれの戦場に最適化された敵オブジェクトと戦うミリンダや三人の上官で立場上見過ごせない作戦も目をつむりながらも部下の身を案じるフローレイティア、オブジェクトの整備技術を武器に4大勢力の『資本主義』から亡命してきた整備主任の婆さんなど第37機動整備大隊には様々なキャラクターが揃っている

手持ちの銃器でガンダムを倒せるか!?「へヴィーオブジェクト」で見る矛と盾
画像引用元:© 2015 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/PROJECT HO

まとめ

テンポの良いボケと突っ込みが好きな人や持ち前の知識でジャイアントキリングする話が好きな方は一度見てほしい

文章:佐倉ミリア

 

武器商人が巻き起こす波乱に満ちた物語!~ ヨルムンガンド

語り継ごう!「 機動戦士ガンダム 」ジオン の熱き血潮!

© 2015 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/PROJECT HO
ホームページ:へヴィーオブジェクト

この記事のライティング担当:あにぶ編集部

手持ちの銃器でガンダムを倒せるか!?「へヴィーオブジェクト」で見る矛と盾
最新情報をチェックしよう!

YOUTUBEを、もう一回はじめたんスよ。

長い間放置していたあにぶのYotubeアカウントを、2020年7月中旬から再び更新をはじめました。まずはアニメニュースを「毎日」投稿する目標でがんばっています。

いつかは、独自のコンテンツなんかも配信していけたらなーなんて考えてます。その時は、どうか皆様のお力をお貸しください。よろしくおねがいいたします。

CTR IMG