『 キラッとプリ☆チャン 』第48話「決着 つけてみましたわ!」ライバルから託される想い【感想コラム】

『 キラッとプリ☆チャン 』第48話「決着 つけてみましたわ!」ライバルから託される想い【感想コラム】

プリチャン1年目はあとわずか。迫るアンジュさんとの対決の前に、ライバル同士の決着です。

決勝を目前にして

アンジュさんに自分の気持ちをぶつけるには、同じ高さまで行くしかない。
ということで、次のトッププリ☆チャンアイドルを決める「ネクストプリンセス大会」に出たみらいたち「ミラクルキラッツ」。

3人の予選突破をしったあんな様たちは

さら「これで役者は揃ったね」
あんな「ようやく、ですわね」

と対決に燃えていました。

「メルティックスター」との最終決戦

アンジュさんのために張り切る「ミラクルキラッツ」。
そこへ、「メルティックスター」からの挑戦状が届きます。

一同はあんな様の用意した船へ。

める「ミラクルキラッツ、めるめるたちと勝負だ」

と、大会前に決着をつけようとする「メルティックスター」。

けれど、みたいたちはアンジュさんを止めるべく動いています。
こんなことをしている場合ではない、と言うのですが――。

「メルティックスター」にとって、「ミラクルキラッツ」との決着をつけるのはとても大事なこと。

本気には本気で応えなければいけない。
それに、ここで負けるようではアンジュさんには届かない。

そう考え、みらいたちは勝負を受けます。

互角の戦い

こうして、はじまる「ミラクルキラッツ」「メルティックスター」の最終決戦。
戦いの模様は配信されることに。

先攻は「ミラクルキラッツ」。
最初はド素人だったのに、大きく成長したみらいたち。
あんな様は3人を認めつつも、成長したのは自分たちも同じだと、後攻でステージを行い。

投票の結果は引き分け

「こうでなければ意味がありませんわ」

と、楽しそうなあんな様。

先攻を入れ替え、2戦目。

楽しそうにライブをするみらいえもりんか

その後攻。「ミラクルキラッツ」のライブを見て、

あんな「まったく、よくやりますわ。悔しいくらいに楽しそうに」
さら「ミラクルキラッツの3人がいてくれたから、今のぼくたちがいるのさ」

とみらいたちを認め、涙を流すあんな様。

好きなこと、楽しいことを全力で行い、はじめてのことや難しいことでも、「やってみなくちゃわからない」だからやってきたみらいたち。

そんな3人と競い、成長し、めるめると組み直すきっかけも掴んだ「メルティックスター」。

ついに決着がつき、僅差で勝利したのは「ミラクルキラッツ」でした。

勝負の結果

『 キラッとプリ☆チャン 』第48話「決着 つけてみましたわ!」ライバルから託される想い【感想コラム】

画像引用元:Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.

「さすがわたくしたちのライバルですわね」
「みらい、りんか――それに、黄色いの」

ようやく名前を口にしたかと思えば、えものことは呼ばないあんな様。
けど本当は認めていて、なんだかんだで仲がいい(?)あんえもの関係。

「これで決心が付きましたわ」

と、あんな様は決勝への出場券を捨てます。

そして、あんな様は自分たちを倒したライバルに、アンジュさんのことを託しました。

まるではじめから、こうなることがわかっていたかのような――。

ライバルに思いを託され、最終決戦に向かう。熱い展開ですが、「ミラクルキラッツ」が去ると、やっぱり悔しくて暴れてしまうあんな様。

みらいたちが頑張ってきたことも知っているし、認めるけれど、それはそれ。悔しいものは悔しい。

その気持ちをさら・めるめるの前では素直に吐き出して、最後までかっこよくはいられないところも、あんな様の魅力ですね。


そしていよいよアンジュさん・あいらさんとの対決――の前に、まだ1話挟むみたいですね。
しかしこうなると、やっぱり6人ライブはないのかもしれないです。

みらいの成長やトップの景色を見るという展開上、共闘がないのはいいのですが、複数ユニット合同のステージも1回は見てみたいところです。

それは2年目までお預けでしょうか。

キラッとプリ☆チャン 感想 のまとめ

キラッとプリ☆チャンの各話も是非チェックして下さい!